« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

文明の利器?

Apple iPod touch 8GB MA623J/B Apple iPod touch 8GB MA623J/B

販売元:アップルコンピュータ
発売日:2008/01/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する


10年前のオンボロCDウォークマンから、やっと時代対応しました♪

Webに接続してYouTubeが見れたり、
ポッドキャスティングが無料で見放題だったりするはずなのですが・・・。

使い方がよく判らん。

・・・とりあえず寝るべ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必聴!

Music 僕らのこの素晴らしき世界

アーティスト:BEGIN
販売元:インペリアルレコード
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

僕らのこの素晴らしき世界

歌詞が素晴らしい!
おすすめです♪

うたの日カーニバル2008
※7月21日、WOWOWにてオンエア予定

| | コメント (0) | トラックバック (1)

巨星墜つ

ホルン界の重鎮であり、「バーチ」の愛称で
親しまれた千葉馨氏が逝去されました。
数年前から相当容態が悪かったようですが、
師匠筋から聞かされてビックリです。

ホルンの神様デニス・ブレイン氏の愛弟子であり、
カラヤンからのベルリンフィル主席の誘いを断った男。
ひとつの時代が終わった感があります。

「千葉馨インタビュー」2004年10月4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝


6月25日早朝、妻の母が亡くなりました。

妻にとっては、ここ数年の生活の中心に母の看病があっただけに落胆は大きく、一時はどうなることかと思いましたが、通夜・告別式から初七日法要までなんとか済ませ、やっとひと段落しました。

病床にあってはかなり苦しんだ母でしたが、最後まで前向きに、周囲に対しても気配りを忘れることはありませんでした。臨終の瞬間からびっくりするほど穏やかな表情に戻り、ここしばらくの闘病がウソのような安らかな顔つきに戻ったおかげで、最後の別れに臨んで妻自身も、周囲の皆も救われる思いだったことと思います。

ご会葬、お悔やみを下さった方々には本当に感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

One Green プロジェクト


地球温暖化防止アクション「One Green プロジェクト」

昨日からSTARTしたようです。
面白そうなので早速参加してみました。

毎日のアクションの結果が数値で把握できるのは面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭の雑草


雨上がりに・・・

数日ほったらかしたうちに、ニョキニョキと。

大きくならないうちに抜いてしまうのでひと括りに「雑草」って
言うけど雑草なんて名前の草なんて無いんだよね。

虫目線で見るといろんな草があるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩雲

彩雲
雨上がりに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり

毎朝会う「お隣さん」

「オレンジハウスでもらったんたんだよ~♪」

最近は「にいに」と呼ぶことに躊躇いがあるようで、
一瞬、変な間が空く今日この頃・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学園祭

姪の通う常葉学園菊川中・高等学校の文化祭に行ってきました。

「やきそば」「フランクフルト」なんかを食べつつ、
講堂のステージ公演を観てきました。




この学校は野球部が強いことで全国的に有名ですが、
吹奏楽部も男子部員が多くなかなか重厚な響きで圧倒的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンなおった~♪

しかも修理代タダ♪

「喜びのポーズ」by妻

※表情は自主規制・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏至の夜は・・・

地球温暖化が叫ばれる中、世界中でいろいろな
メッセージが発信されています。

ハチドリのひとしずく


「1000000人のキャンドルナイト呼びかけ文」

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2008年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

・・・そんなわけで、僕としてはやはり
キャンドルナイトも音楽三昧です♪

キャンドルナイトコンサート
ホームケア リフォームスタジオ
日時:2008/6/21(土) 19:15~20:30
地球温暖化ストップ!!
私達にできること一緒に考えてみませんか?
楽しく、優しく、無理なくできることをみんなで続けましょう!
【出演】
福居八大 (津軽三味線)
若山恵美 (アコーディオン)


演奏中はライトOFFでキャンドルの光のみのアコースティックライブです。アコーディオンによるおなじみのメロディーも素晴らしかったのですが、三味線を聴いたときの「血湧き肉踊る」感覚は、やはり日本人のせいでしょうか・・・。三味線というと昔の音楽という先入観もありますが、福居さんのエネルギーが居合わせた聴衆のエネルギーと相まって、この瞬間に新たなエネルギーというかメッセージを発信しているように感じました。


コンサートの最後は、福居さんの尺八と若山さんのアコーディオンによる即興コラボ。アメージンググレースに続き、サプライズのバーソデーソングが・・・。(明日はホームケア社長さんの誕生日なんだそうです。)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

もらいもの


ヒカリオーガニック トマトジュース(無塩)

こんどはhirokoさんからのいただきものです♪
彼女はお仕事柄、マクロビやオーガニックにお詳しいようです。
いまや「抗酸化」の切り札は「リコピン」ですからね。

さっそく冷やして飲んでみましたが、これ無塩なんです。某「カ○メ」などの飲みなれたトマトジュースと比べると、拍子抜けしてしまうような薄味です。このメーカーには有塩もあるようなのでそちらも試してみたい気がしますが、たしかに本物のトマトはこんな味なんです。このジュースを飲んだことで、塩っ気の利いたトマトジュースがトマトの味だと思い込んでいたことに気付きました。

このジュースにはなんと、有機JASマークが冠されています。3年以上化成肥料を絶ち、厳しい基準に則って生産された原料に与えられる称号だそうです。話には聞いていましたが見るのは初めてです。ただ、昨今「有機」という言葉だけがブランド化して画一化された規格がないこと、有機JASマークは取得してもその維持にはかなりの労力がかかり、採算が見合わないことなど課題も多い分野のようです。

このトマトジュースのおかげで、なんと同居中の弟の仕事すら知らなかったのですが(←なんちゅう兄だ)、彼が微生物農法を研究する会社に勤めていることを知り、今日初めてそんな話題になったり・・・。(hirokoさんに感謝!)

ちなみに、ピロール農法の与作さんも言っていましたが、今流行の「有機」はウソだらけなんだそうです。1年や2年、有機肥料をぶち込んだくらいでは「有機」とはいえないそうです。実際の有機農法や微生物農法は大変なんですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おかず観光!?


おかず観光バス「うまか号」とツーショットby妻

焼津の簡保でホテルのスタッフが写してくれたそうな・・・。

びっくりするほど状態の良いボンネットバスです。

ネットで調べてみると結構有名なんですね。
「満員急行」「最高速度40キロ」って!?いったい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏至 ~二十四節気~

陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也 ~暦便覧~



夏至といっても、今日は雨降り・・・。
涼しい週末ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もらいもの


妻が家庭菜園つながりで野菜を頂いてきました♪
やっぱり、スーパーで売っているモノとは活きが違いますね~。

ところで、下の写真は、お隣から頂いた新聞記事の切り抜き。
我が家は新聞を取っていないので、時事ネタには疎いのです。

今朝の静岡新聞より・・・。

「ジャガイモからトマト?」


「一石二鳥」


「こんなこと初めて」

我が家のジャガイモばかりではなかったようです。

6月4~5日ころの静岡新聞にもこのネタ(ジャガイモにトマト)
が載っていた様で、「土壌の栄養状態が良い」とか何とか・・・
そんな記事だったようです。静岡県内の方、
どなたかご覧になった方はいらっしゃいますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の畑♪


エダマメの花。
2~3ミリの小さな花です。


ピーマンの花。


ホウレンソウ・・・の筈なんだけど、
このトウモロコシのフサフサみたいな
花みたいな現象はいったい・・・?。


ナスは素直に育ってます♪


キュウリの蔓。この生命力!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静フィル練習


引き続き、「ノモス・ガンマ」の練習・・・。

何が大変って、
上昇音形ならクレッシェンド、
下降音形はディミヌエンドと、
本来人間の生理はそうなっているわけでして・・・。

しかも、音圧を上げていくことでポルタメントを掛けようとすると、
ディミヌエンドなど、本来はありえないわけです。

指使いを変えて半ゲシュトップ奏法から入って右手を抜いていけば・・・
などと画策してみたり。

結果、ますます音楽的でなくなるんですよね。

譜面に忠実にやろうとすればするほど
変になっていく曲って一体・・・。


だいぶ目と耳が慣れてきたものの、
あいかわらずよく解らない音楽です。


後半のホルストの「惑星」でストレス発散?
生理的にノリやすいリズムやメロディがいちばんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組曲「惑星」より/ホルスト

今日は「無重力の日」なんだそうで・・・

火星探査

スペースシャトルからの地球/♪木星(デュトワ/N響)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十三夜の月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花

藤枝市内にて・・・






| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の畑♪


ナスが実をつけはじめました。

ピーマンは・・・

まだしばらく先ですね。


こちらはキュウリ。
らせん状の蔓が出はじめました。

ホウレンソウは初期に間引きが上手くなかったようで、
今ひとつ生育が良くありません。

もっと思い切って間引いても良かったようです。

今日の収穫。

残りのじゃがいもをすべて収穫しました。
じゃがいもの畝は耕しなおした上で、しばらく休ませます。


さっそく、夕食のカレーに使いました♪

まだ未使用の最後の畝には、
トマトの苗を植えました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ネットワークの謎 コンピュータ同士は何を会話しているのか? ネットワークの謎 コンピュータ同士は何を会話しているのか?
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する
すっきりわかった!TCP/IP (NETWORK MAGAZINE BOOKS) Book すっきりわかった!TCP/IP (NETWORK MAGAZINE BOOKS)

販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世界でいちばん簡単なネットワークのe本 最新改訂版―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本 Book 世界でいちばん簡単なネットワークのe本 最新改訂版―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本

著者:金城 俊哉
販売元:秀和システム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボレロ♪

変り種「ボレロ」いろいろ・・・

アニメーション



4人羽織?


Blast!


押尾コータロー (ギター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一やさしいネットワークの本 糸電話で3人以上が同時会話する方法 (Supermarket books) Book 世界一やさしいネットワークの本 糸電話で3人以上が同時会話する方法 (Supermarket books)

著者:トップスタジオ
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏に向けて・・・

8月のグランシップの本番に向けての練習ということで、静フィルの練習に行ってきました。


普段の初合わせはあらかじめパートが割り振られて、当然のことながら事前に譜面が配られるため、ある程度さらってから合奏に臨むのが普通ですが今回の場合はパート割りの作業が難航していたのかそういった事前準備もできず、今日の練習会場に行って初めて譜面がわたされるという事態。曲の音源も手に入らず、まったくの丸腰状態。


クセナキス(ゼナキス)作曲の「ノモス・ガンマ」の譜面。意味不明な臨時記号が並び、初見合奏は難航を極めました。これで音楽とは、現代曲はわけがわかりません・・・。

作曲家の意図としては、かなり変わったセッティングのオーケストラに混じって配置された席に観客が座るということです。まあ、かなり非日常的な音響体験であることは確かです。
世の中にはいろいろな音楽があるものですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化 Book スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化

著者:辻 信一
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xenakis

8月に開催される 「グランシップ 音楽の広場」 の目玉でもあるクセナキス作曲の「ノモス・ガンマ」。作曲家クセナキスが想定した演奏形態は、指揮者を中心に98人の演奏者を円形に配置し、その間に観客が入って聴くというものです。聴くお客さんはもちろん、演奏する側にとっても初めての体験となりますが、譜面をチラッと見ただけでは曲のイメージがまったくつかめず・・・。いろいろ調べてみましたが「ノモス・ガンマ」の映像は見当たりませんでした。とりあえず、その過程で見つけたクセナキス作品のいくつかをアップしてみました。

Xenakis Rebonds

Xenakis Synaphaï

Xenakis Eonta

モソモソと探しているうちに日が変わってしまった・・・。
こんなの、あまり夜中に見るものじゃないな~。さっさと寝よっと♪

お口直しに・・・

ランチで寄った島田市民会館近くの
喫茶店のテーブルに生けられていた花です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

第47回島田市民音楽祭

2008年6月8日(日)13:30~
第47回島田市民音楽祭
会場:島田市民会館ホール
主催:島田市音楽協会

島田市内で活動する音楽グループの発表会です。
妻が所属している「島田交響吹奏楽団」が参加するという事で観に行ってきました。
入場料もしっかり払って、全プログラムを満喫してきました。

以下、印象に残った団体の演奏です。


混声合唱団の「グッドフェロー」。
個性的なステージで楽しめました。自分が「歌」がへたくそなので、どうしても器楽団体に興味が行ってしまうのですが、とても面白いパフォーマンスをされていたグループです。独自のコンサートをやっているのなら是非聴いてみたいグループです。


「リバティーフルートアンサンブル」の演奏です。
以前よりかなり人数が増えたような気がします。通常のフルートに加え、高音のピッコロや、低音部は見たこともないような大きなフルートが何種類もありました。プログラムは2曲ともドボルザークのメロディックなナンバーで、分厚いハーモニーが印象的でした。


「島田マンドリンアンサンブル」の演奏。
ベテランの余裕を感じます。


「島田フィルハーモニー管弦楽団」の演奏。
ベートーヴェンの交響曲第7番から第1楽章を熱演。最近の定演で演奏しているだけあって、難しいリズムもバッチリ弾けていました。弦楽セクションのレベルが上がった感じがしました。夕べの静フィルから連チャンで出られたかたの顔もちらほら見られました。連日のステージ、お疲れ様です。「リハなし本番のみ」といっていたティンパニのS氏、全然余裕でしたね♪


トリは「島田交響吹奏楽団」。
今回はこじんまりした編成でしたが、奏者のいないパートを、いるメンバーに上手く振り分けて演奏していました。人数は少なくても、おそらくこの日のプログラム中、最も声部の充実した編成ということもあり、イベントの最後を飾る華やかな演奏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊庵

「ばりうむ・ぷろじぇくと」のコンサートで何度か利用させて頂いている島田市の「遊庵」さんが増築し、リニューアルオープンされているとのことで、遊びにいってきました。

喫茶遊庵 島田市阪本4377-1

右側の建物が新たに増築された部分です。

カウンター周りは以前のそのままですが・・・。


こんなところに♪

以前は玄関に仁王立ちしていましたが、
ちょっと場所が変わりましたね。

いよいよここからが増築スペース。

カウンター脇から風流なアプローチが造られています。

扉の向こうは結構ひろいリラックススペース。
ちょっとした会議に便利そうです。


更に奥に進むと洋裁教室のスペースです。

以前は2階にありましたが、生徒さんが増えたのかな?
広さも設備もグレードアップされています。

今までのコンサート会場は完全に展示スペースに・・・。
取り揃えも更に充実♪


今度の回から「ばりうむ・ぷろじぇくと」のコンサートは2階へ移ります。


当日は2階のフロアが全面コンサート会場になる予定♪


2008年8月30日(土) 14:00~
ばりうむ・ぷろじぇくと 第7回 遊庵コンサート
「遠く離れて・・・ヨーロッパの中のアジア~ハンガリーの作品を中心に」
ゲスト: KBCクラリネットアンサンブル
喫茶遊庵 島田市阪本4377-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(演奏会) 静岡フィル第31回定期演奏会

2008年6月7日(土) 17:30開場 18:30開演
静岡フィルハーモニー管弦楽団 第31回定期演奏会
ドボルザーク:「新世界より」
ガーシュイン:「ラプソディ・イン・ブルー」ほか
※満席大入り御礼♪
静岡市民文化会館 大ホール 


写真は第1部「謝肉祭序曲」のリハーサルの様子です。




前半第1部が降り番の僕は、「キャンディード序曲」⇒「ラプソディ・イン・ブルー」の舞台転換要員です。限られた時間に奏者の出入り、椅子・譜面台の追加、、ピアノ・ドラムスの搬入をします。以下に素早くこなすかが勝負。楽器の演奏も楽しいのですが実はこういう作業もけっこう好きだったりして、もう少し準備に余裕があれば更にタイムを縮める事ができたような気がして少々心残りです・・・。



場面が変わって、いよいよ本番。
本番の模様は地元ケーブルTVで生中継されました。



【プログラム】

~第1部~
序曲「謝肉祭」作品92 / ドヴォルザーク


「キャンディード」序曲 / バーンスタイン
ラプソディー・イン・ブルー / ガーシュイン





~第2部~
交響曲第9番ホ短調作品95 「新世界より」 / ドヴォルザーク
④ 第1楽章 Aagio‐Allegro molto
⑤ 第2楽章 Largo
⑥ 第3楽章 Scherzo (Molto Vivace)
⑦ 第4楽章 Allegro con fuoco



~アンコール~
G線上のアリア / バッハ
スラブ舞曲より / ドヴォルザーク

ピアノ : 森田さとみ (ラプソディ・イン・ブルー)
指揮 : 三河正典



楽しい時間はアッという間に過ぎてしまうものです。個人的には力量不足で心残りな部分がありましたが、 「やっぱりオケって愉しい!!!」・・・そんな余韻を残して今年の「定期」も無事終了しました。ご来場くださったたくさんのお客様、ご協力いただいた各分野の方々、本当に有難うございました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽器磨き♪

明日は本番・・・。
このところ楽器があまりに汚れていたので
久々に磨いてみました。

「あれっ?」と思われた方・・・。かなりの楽器通ですね~。「ホルンて言ったって、みんな同じなんじゃないの?」というアナタ!!!これはあまり数が多くないセミダブル・ホルン なんです♪血液型で例えると 「AB型Rh-」 くらいじゃないかな。非常に珍しいんです。

・・・ところがなんと、静フィルにはこれと同じ職人の作った全く同じモデルを持っている方がもう一人、いらっしゃいます。ひとつのオケでこの楽器のコンビが観られるのは「天文学的確率の大当たり」なんです。はたして見つけられるかどうか、明日のコンサートにおみえの方は是非チャレンジしてみて下さいね。

・・・ついでにさらに、ひねくれているのがホルン人格。この写真はなんと、普段は見えない楽器の裏面です。隠しているわけではないんだけど、楽器の構造上、ヴァイオリンの腹側以上にお客様に観られることのない「ホルンの反面」です。例えて言うなら「月の裏側」みたいなもの。すべて見えていたようでその半分は見えていなかったんですね~。

・・・と、ここまでひねくったら見分けられるわけもないですよね。・・・いいんです。自虐もホルン人格ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハ中♪


本番を明日に控え、ゲネプロ中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日月


静岡市葵区にて

月齢ではどちらかというと、まだ「二日月」ですが、空気が澄んでいたので肉眼でははっきり見えました♪ 携帯のカメラではこれが精一杯・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みたものこんじき」

って、言われました。
これって、静岡弁ですかね。

6桁7様式 ナンバリングスタンプ 6桁7様式 ナンバリングスタンプ
販売元:WIL-MART
WIL-MARTで詳細を確認する
 
↑ この機能美を見よ ↑


全然関係ないけど、

「いのく」とか「いごかす」とか、
これも静岡弁ですよね。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RHODIAの活用法

RHODIAのブロックメモ「№11」。

そのデザインに一目惚れして、カタチから入って、「あーでもないこーでもない」と活用方法試行錯誤した結果、見出しタグとダブルクリップとの併用でかなり便利に使えることを発見♪


ポイントは頑丈な造りと、ミシン目の切れ目が「スパッ」と真っ直ぐなところ。

脈絡なく降って湧いてくるアイデアやタスクを時系列で書き付けた後「ビビッ」と切り離して (←この瞬間が快感♪) 、自在にソートしてコンパクトに持ち運べます。控えの見出しタグは何故か二重構造に造られた裏表紙の間に上手く収まります。最終的にMORESKINEのノートブックに貼り付けるときも用紙の格子柄がピッタリ合うところもGoodです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰も寝てはならぬ ~ポール・ポッツ~

TVを観ていて、久々の感動ネタに遭遇♪
YouTubeでのアクセス数も凄いことになっています。

↓コチラ↓


イギリスの某オーディション番組の模様です。

誰も期待していない、いわば通りすがりのパフォーマンスに観客一同も一瞬何がおきたのかわからない様子。・・・僅か3分たらずの後にスタンディング・オベーションの嵐。エンターテイメントの真髄を見たような気がします。

TVでは、この舞台裏のエピソードに触れています。
その内容はこちらのサイトにも詳細に紹介されています。
冴えない男の才能が発掘されたとき「ポール・ポッツ」(動画) ~らばQ~

・・・ていうか、ネット上にはすでに結構話題になってますね。
ネタの出所としてはこちらがモトなのかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

夏至の日は・・・

今年もこの時期がやってきました♪

今年は期間を延長して開催。

でんきを消して、スローな夜を。
1000000人のキャンドルナイト
6月21日(土)夏至~7月7日(月) 夜8時―10時


昨年は「豪快な号外」 を配りましたが、
今年も何らかの形で参加する予定です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目指せ月まで37万キロ!

愛車のアルト君(5速マニュアル軽貨物車)も
気づいたら11万キロを突破し、ますます絶好調♪

いまだにコンスタントにリッター20キロ近い燃費を
叩き出しています。

が・・・・。

さすがに手に触れる部分はボーロボロ・・。
シートもシフトレバーも似たような感じ・・・。

一度の給油でパーツの取替え無しに月を往復した
ライバル「アポロ宇宙船」は凄いな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芒種 ~二十四節気~


芒ある穀類、稼種する時也 ~暦便覧~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新月

6月4日 4:23 新月に入ります♪

新月のアファーメーション (まぐまぐ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静フィルのコンサート

・・・いよいよ今週末です。
Photo2

2008年6月7日(土)
静岡フィルハーモニー管弦楽団 第31回定期演奏会
ドボルザーク:「新世界より」
ガーシュイン:「ラプソディ・イン・ブルー」ほか

指定席SOLD OUT/自由席(大人1500円/学生1000円)
→静岡市民文化会館 大ホール

      
↓前回・前々回の定期演奏会の様子↓


当日は地元ケーブルTV ドリームウェーブ静岡 のコミュニティ番組で演奏会の模様が「生中継」されます。当日会場にお出掛けになれない方は是非ご覧下さい♪なお、翌8日にも再放送があるようです。

今夜の練習で告知されていましたが前売り券は既にほぼSOLD OUTなのだとか。例年の2~3倍の問合せが殺到しており、当日も会場はかなりの混雑が予想されますので、自由席券でお越しの予定のお客様は、良いお席を確保するためにも出来るだけ余裕を持ってお越しいただくことをお薦めいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉じゃが♪

自給自足作戦の第一弾!!
我が家の畑でとれたじゃがいもです。

ホッカイコガネという品種ですが、煮崩れしにくいのでカレーやおでんに向いているようです。かなりどっしりとした食感で、同じ大きさの市販のじゃがいもよりもボリュームがあるように感じました。 ピロール農法(←HP本日リニューアル♪) で育てた作物は昔ながらの味がするという事で、そういったことも影響しているのかも・・・。まだ今年初めてなので、何年かやってゆくともっとしっかりしたデータが取れるのかもしれません。


ちっこいのは茹でて食べました。
味も食感も大きいジャガイモに負けていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事仕事~♪


県内が梅雨入り 平年より6日早く ~静岡新聞~

週末が充実しすぎて燃え尽き気味の週明けです。
仕事モードへの切り替えは雨降りくらいがちょうど良いかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏に向けて


オクラの苗を植えました♪


キュウリは支柱に軽く結びます。


こちらはナス。


調子に乗ってピーマンも・・・。


エダマメもだいぶ育ってきたので、間引きました。


こんな感じ♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

(演奏会) 第17回 ミュージコ吹奏楽フェスティバル


2008年6月1日(日)
第17回 ミュージコ吹奏楽フェスティバル
大井川町文化会館 ミュージコ

今回は、お手伝いで3団体を掛け持ちすることに・・・

色とりどりの衣装を持って右往左往・・・。

写真は“わが母校”焼津水産高校の吹奏楽部♪

焼津水産サイコ~♪

「情熱大陸」をヴァイオリンで熱演するジャック先生はこの高校の英語の講師で、静岡フィルにも所属しているので来週の本番も一緒です。行きつけのトレーニングジムも一緒だったりして、最近良く会いますね~。生徒との関係もとても楽しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »