« 名古屋の流儀? | トップページ | »

沈む満月

沈む満月

「逆向きの時間」

「今、ここ」を感じる時、
時間軸は将来に向かって伸びているだけではないような気がする。

たとえば6時間後をイメージしたとき、
「6時間前」との中間地点である「今、ここ」を感じることによって、
6時間という「エネルギー」をイメージできるような気がする。

生まれてから今までの年数と、
仮に、既に死のタイミングが決まっているとして、
死から逆行している時間との狭間にある「今」を感じる今日この頃・・・

|

« 名古屋の流儀? | トップページ | »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。