« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

ROOTS


仕事中に通りかかった神社の御神木。
つい引き寄せられるように、その袂に立っていました。

たまたま先日出会った詩を思い出しました。


 覚える森

 森を行く人の
 一歩一歩の重さを
 森の根っこが感じとる。

 ヤブツバキの根とヤブコウジの根と
 ベニシダの根、スダジイの根、
 アカガシの根、イヌガヤの根、
 ユズリハの根も、土の中で


 きみの足どりを受け止め、
 計っている。

 ここを通ったきみの歩幅を
 森は覚えている――
 きみがどこに
 立ち止まったかも。

 立ち止まったとき
 森の何を感じとったか、
 それはきみの
 覚える分だ。


~アーサー・ビナード/「左右の安全」より~

| | コメント (0)

(本) 生命の暗号を聴く ~名曲に隠されたタンパク質の音楽 / 深川洋一 (小学館)

生命の暗号を聴く 名曲に隠されたタンパク質の音楽 Book 生命の暗号を聴く 名曲に隠されたタンパク質の音楽

著者:深川 洋一
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2001年にフランスのナント市で行われた狂牛病に関する裁判は、生物学者ではなく、生き物とはまったく関係のなさそうな素粒子論を専門とする物理学者がウシバエの幼虫と狂牛病の関係について証言したことで、「ナントの裁判」として有名です。この裁判で証言に立ったステルンナイメール博士によると、「なんと」そのヒントは「音楽」にあった···という話。

最新の科学の現場では、今まで知られていなかった「音楽」の様々な可能性が明らかになってきているようです。12音階の振動数比が「年率6%の複利で12年間運用する例」に例えられたり。確かに6%複利で100万円を12年間運用すると元本の2倍の200万円になります (72の法則)。

ステルンナイメール博士によれば、それぞれのタンパク質は独自のメロディを持っている。つまり、「コラーゲン」という題名の曲、「ケラチン」という題名の曲、「インスリン」という題名の曲、「成長ホルモン」という題名の曲があるというのだ。それぞれの曲は、DNAの中に「生命の暗号」として隠れている。(本文より引用)

音楽と宗教の関連性は、作曲家と宗教の関わりから常識ですが、まったく?信仰心のない僕にとって、知り合いの牧師さんから言われた「クリスチャンでなければ本当の意味でバッハやベートーベンの音楽は理解できません」と釘を刺され、ずっとモヤモヤしていたものに、なにか解決の糸口を得たように感じました。

| | コメント (0)

(練習) 静岡フィルハーモニー管弦楽団

三河先生による来年「定期」の練習。

①ドヴォルザーク / 序曲「謝肉祭」
②ドヴォルザーク / 「新世界より」より2・3・1・4楽章

「謝肉祭」は降りなので、後半の「新世界より」から参加。
次回の今年最後の「新世界より」の練習は別の本番と重なり、
事実上今年最後の練習・・・なのにボロボロ(個人的に)。

「ドンキホーテ」も本番までの合わせはあと4~5回・・・。
通したら2回ほどで終わり。

練習しないとマズイなぁ・・・(個人的に)。

| | コメント (0)

“地球温暖化防止”ができる農法 ~ピロール農法~

このブログエントリがきっかけで知り合ったピロール与作さんの
お誘いで第18回ピロール大会に参加してまいりました。
遅くなってしまいましたが、ご報告です。

こちらが会場となった日本財団ビル。


「与作さん」というのは本名なのだそうです。

黒田商事社長の黒田与作氏(右端)と一緒に・・・。

ゲストは、元東京農工大学長で農学博士の梶井功先生、ETT創業支援推進機構理事長で工学博士の紺野大介先生。大きな会場ではありませんが、韓国KBSのプロデューサーからのコンタクトや、この会の意志に賛同した環境副大臣の臨席もあり、この技術に寄せる各界の期待の大きさが伺えました。



【講演ダイジェスト】~レジュメより~

※ピロール農法(事業)は
「錦の御旗が揚がる事業」なのです。


ピロールは、酸性雨対策が万全なのです。
(今や日本全国にpH3.5の酸性雨が降り注ぐ時代です。土壌中の微生物層も変化してきています。)
ピロールは、温暖化防止ということができます。
(発酵・分解という形態をとらないので、CO2を排出しないのです。)
ピロールは、有機廃棄物を減少させることができます。
(安価で、確実に安全に、しかも有意義な土壌改良剤や肥料に交換するから有機廃棄物の究極的有効利用が可能になります。)
ピロールは、国民の健康増進に役立ちます。
(ピロール食物に含まれるミネラル・ビタミン類・遷移金属類は、骨を強くし血液を浄化し身体全体の細胞を活性化するのです。)
ピロールは、国の少子化対策に貢献できます。
(ピロール食物に含まれるZN(亜鉛)が多く、しかもキレート化されているために吸収もよくZN不足による精子製造能力などを是正します。)
ピロールは、食糧危機への対応にも貢献できます。
(シアノバクテリアは、土中より酸素を出すので植物そのものの活性を促すことができ、連
作障害も克服できるため食糧の増産に)
ピロールは、環境浄化に役立ちます。
(汚水の浄化・河川・湖沼の富栄養化などによる汚染・赤潮などの対策にシアノバクテリアが働きます。トリクロロエチレンなどのトリハロメタン類も分解する。水のクラスターが小さくなるのでまろやかに美味しい水となる。)
ピロールはエネルギー源としての期待があります。
(H2Oを分解するシアノバクテリアによる水素の取り出し)
ピロールは、医薬品などの開発に期待が持てます。
(これから懸念される新種のウィルス関連病気に対する新薬の開発にドイツのベルリン大学やベンチャーが取り組んでいるとの情報も来ています。酸化還元電位が高く、真紅の溶液から未知の物質探求への取り組み。)


・・・「ピロール農法」のすばらしいところは、過去30年余りの研究における実績が「データ」として指標化されているところにあります。この農法は単なる「ご当地ブランド作物」ではなく、全ての地域でのあらゆる農業分野、また水産業・医療分野など、他の科学分野への応用が可能な点にあります。戦後の日本のアメリカ主導による農業政策には、結果としてよい面もあれば悪い面もあります。この技術はそういった問題を全て一挙に解決できる可能性を持っている点で、もはや国家の事業としての必要性さえ感じます。おとなり中国では、次世代の科学技術分野のトップに、海亀組(海外留学帰国組)の民間からの登用も相次いでいます。共産党一党独裁の後発国ではなくなってきています。こういった世界の動きの変化に対して、マスコミの「だんまり」には何か大きな意図的なものさえ感じます。この技術が単なる「高額なブランド作物」で終わるのか、もしくは近所のスーパーで買う食品が変わり、国土が変わるのか、試されているのだと思います。

| | コメント (0)

夜明け

夜明け
瀬戸川より

| | コメント (0)

100万回生きた猫

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1)) Book 100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

著者:佐野 洋子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たまたま聴いていたFM番組で紹介されていた絵本。
早速、図書館で探しました。

絵本の主役は「少し生意気な猫」なのですが、
生と死、生きる目的、一番大切なものは何か・・・
ということを考えさせられます。

「人に生まれること100万回」・・・
斉藤一人さんもいろいろな例えで引き合いに出されますが、
人生修行なんだなぁ・・と感じます。

| | コメント (0)

ウサビッチ (続き)

ウサビッチ」のその後・・・


第6話~第10話


第11話~第15話

第16話~第20話

まだまだ続くようです・・・

| | コメント (0)

(演奏会) 金谷公民館(みんくる)コンサート



妻が所属する「島田交響吹奏楽団」が出演、ということで
金谷町(今は島田市)まで聴きにいってきました。

目の前のチビッコがバタバタ飛び跳ねるのも
微笑ましいと思えるようなアットホームなコンサート。
プログラムはマーチやディズニー音楽、季節ものでクリスマスソングなど・・・。
楽しいひと時を過ごすことができました。

| | コメント (0)

十六夜月


瀬戸川河口より

| | コメント (0)

ホルンレッスン

2ヶ月ぶりに師匠のお宅にレッスンを授けに行ってきました。


これは師匠の「クノッフBb管」。
ノーラッカーの楽器が何時見てもピカピカです。
自分の汚い楽器が恥ずかしい・・・。


レッスンはエチュードが中心。コープラッシュの№16~19をみていただきました。このところ吹く機会が多く、我ながら器用に出来たのですが、「音色がこもりがち」「スタッカートが重い」など、いろいろと改善すべき点がありました。一人で練習するとついついサラット済ませてしまいがちですが、レッスンに来ると基本に立ち返る事ができます。

来年4月に予定されている門下生同士の発表会の曲は、フランツ・シュトラウスの「主題と変奏」に決定。テンポ設定をしながら、ひと通り通しました。問題は実際に通した時のスタミナ。現時点ではどうしても吹き果せません。やはり、毎日吹かないとダメかな・・・。

マルシュ
くすやまホールのマスコット犬、マルシュ君

| | コメント (0)

冬の海

冬の海
茅ヶ崎海岸にて

| | コメント (0)

(練習) ばりうむ・ぷろじぇくと

年末のイベントに向けて、「怒涛の通し練習」を敢行!!!

【練習曲】

~12月8日 遊庵コンサート分より~
 ①ラモー/「優雅なインドの人々」より
 ②イベール/3つの小品
 ③ガーシュウィン/I got rhythm
 ④ピアソラ/天使のミロンガ

~12月22日 ヤギモク・コンサート分より~
 ⑤プロコフィエフ/「ロミオとジュリエット」より
 ⑥プッチーニ/「蝶々夫人」より
 ⑦ファリャ/「恋は魔術師」より
 ⑧ビゼー/「カルメン」より
 ⑨グリーグ/「2つの悲しい旋律」より

~その他~
 ⑩中村八大/上を向いて歩こう
 ⑪J・Sバッハ/羊は安らかに草を食み
 ⑫J・Sバッハ/主よ人の望みの喜びよ
 ⑬ラーション/「木管五重奏のためのディヴェルティメント」

この追い込みのドタバタの最中にあって、来春、デンマーク~スウェーデン~フィンランド等、北欧作曲家の木管五重奏曲コンサートをやりたいなどという話も持ち上がったり・・・。実はこの企画は、僕としても以前から是非ともやってみたかったものです。オーボエ氏のライブラリの品揃えの方も機が熟したようです。この企画に「もってこい」の素晴らしいロケーションのアテを交渉中ですので、近日にも具体案が発表できるかも?乞うご期待です♪

| | コメント (0)

小雪 ~二十四節気~


朝の焼津港

冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也(暦便覧)

温暖な静岡では考えられないことですが、
東北では早くも雪の被害も出始めているようです。

| | コメント (0)

(本) リサ・ランドール 異次元は存在する (NHK未来への提言)

リサ・ランドール異次元は存在する (NHK未来への提言) Book リサ・ランドール異次元は存在する (NHK未来への提言)

著者:リサ・ランドール,若田 光一
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本文より・・・

 未来への提言

 戦争・紛争・貧困・飢餓・環境破壊・教育・医療・・・。
 21世紀に入っても、人類には多くの解決すべき問題が残されています。
 経済や科学技術がめざましい発展を遂げる一方、
 世界では、今日も多くの人々が戦火と貧困の中で暮らしています。
 また、インターネットに代表される情報技術や医療技術の急速な進歩によって、
 人間社会の新たなルールと倫理の構築も必要とされています。
 地球の存在そのものが危機に瀕し、
 人類の抱える課題が増え続ける今、
 未来を切りひらく術は、どこにあるのでしょう。


本の中で、「見えないものが現実をつくりだしている」ということを「5次元」という考え方から説明しています。仮説上でしかなかった多次元世界が理論上立証されてきているようです。

| | コメント (0)

“地球温暖化防止ができる農法”

勉強中
日本財団ビルにて・・・

いろいろ勉強してまいりました。詳しくは後日♪

| | コメント (0)

ホルン屋さん

渋谷のネロ楽器にて・・・

このお店は、My楽器を買うときにお世話になったお店。
僕のメーニッヒは2本ともこのお店で買いました。
おそらく世界トップクラスの品揃えを誇るホルン専門店です。

ウィンナー・ホルン♪
惚れ惚れする「巻き」ですねぇ~


試吹し放題~♪  “ハンスホイヤー”吹きまくり~♪(By妻)


N響の今井先生も吹いていたシュミットのHigh‐Fトリプル♪
¥2,000,000ナリ!!!

New楽器は当分無理かな~

| | コメント (0)

ウサビッチ

第1話~第5話

笑いすぎて、胃が捩れそう・・・。

| | コメント (0)

毎年恒例の・・・



RED POINT BROTHERS CONCERT
レッド・ポイント・フォークコンサート

2007年12月23日18:00 プラザおおるり

案内状が届きました♪

当然、予定していますよ。
夏のコンサートは急用で行けなかったので、
ここで聴かねば一年が終わりませんからね~♪

色々なことがあった1年。
楽しい演出からシリアスなメッセージまで、
どんなステージになるか、楽しみです。

| | コメント (0)

歴史的映像!!!

デニス・ブレイン在りし日の姿・・・

ナチュラルホルンとモダンのフレンチホルンについての解説に続いて、
ベートーヴェンのホルンソナタ。

ベートーヴェンのホルンソナタ(後半)

| | コメント (0)

さむ~い朝


今日も職場に一番乗り・・・

窓全開で換気をして、100円マックのコーヒーでぼ~っとするのが最高のひととき♪

| | コメント (0)

夜明け


瀬戸川緑地より

| | コメント (0)

(CD) シテインベルク / 交響曲第1番

シテインベルク:交響曲第1番
シテインベルク:交響曲第1番

マクシミリアン・シテインベルク (1883~1946)

交響曲第1番 ニ長調 作品3
  (アレクサンドル・グラズノフに捧ぐ)
交響的前奏曲 作品7
  (ニコライ・リムスキー=コルサコフの思い出のために)
劇的幻想曲 作品9

エーテボリ交響楽団
指揮:ネーメ・ヤルヴィ

・・・これも「バルト3国もの」です。
エストニア出身の作曲家、シテインベルクの作品集。

この辺の作曲家は、本当に管楽器の使い方が素晴らしい。大編成のオケで、ぜひナマで聴いてみたい曲です。ライナーノーツにはチャイコフスキーとドヴォルザークの影響が指摘されていましたが、そのどちらでもないな・・・というのが率直なところ。ラフマニノフっぽいような気もするし、まあ、色々な作曲家の影響を受けながらかなり技巧的に書かれた曲という印象です。

| | コメント (0)

朝焼け

朝焼け
瀬戸川より

| | コメント (0)

Horn Guy

す・・・凄すぎる!!!

| | コメント (0)

一茶忌



盥から 盥にうつる ちんぷんかんぷん ~小林一茶~

「思い煩うことほどアホらしい」 ということなんだろうけど、
そういったことが 「人生」 なんだろうな・・・。

| | コメント (0)

仕事♪仕事~♪

・・・冬だな~

寒いと思ったら、奥の方の山々は雪化粧・・・

生きているうち はたらけるうち 日のくれぬうち 」 ~みつを~

| | コメント (0)

九夜月

上弦の月
屋根の上に上弦の月がぽっかり浮かんでいます。

| | コメント (0)

(演奏会) 焼津市民音楽祭


第27回 焼津市民音楽祭 (焼津市音楽連盟)

毎年恒例の音楽祭が終了しました。
事前の打ち合わせから、裏方でクタクタ・・・。

合唱団体や他の器楽団体に混じって、木管五重奏の「ばりうむ・ぷろじぇくと」も出演をしました。演奏はというと。。。広いホールでの本番に弱い「ばりうむ」でしたが、それでも最少人数の団体として、アンサンブルの楽しみは伝えられたことと思います。

【曲目】

①ツェムリンスキー/ ユモレスク
②A.ピアソラ/ 天使のミロンガ

前回まではトークを含め、制限時間ドンピシャで終わらせていましたが、今年はタイムオーバーをして、あとのプログラムにご迷惑をお掛けしてしまいました。出場団体数も飽和状態となり、拘束時間も長くなってきていることから団体行動の苦手な「ばりうむ」としては、来年以降どのようになっていくのか・・・。課題を残す音楽祭となりました。

ゲストの先生方に、有難い御講評をいただきました。
音はヤバいけど、文章なら良いかな・・・?
お世辞とはいえホメ言葉は嬉しいもの。披露しちゃいましょう♪

【合唱・器楽団体指揮者S先生】
ツェムリンスキーとピアソラの選曲とはお主達さすがと言うべきか。
小アンサンブルは聴いて楽しいということと、何より自分が演奏して初めて何倍も音楽の恩恵にあずかれるという毒薬みたいなものが潜在するもんね。
そういう意味で会場の人達にもある意味啓蒙できたと思います。楽しかった。
ありがとうございました。

  ・・・「毒薬」ですか。
  たしかにその通りなんですよね。
  「音楽をする楽しみ」、伝わったかなぁ?

【チェロ奏者S先生】
・一人一人の技量が高くてすばらしかったです。
楽器の音も大変良かったから名器をお持ちなんでしょうネ
・プロのコンサート気分で聞かせてもらいました。
・有名でない曲をやるのも一つのゆき方で敬意を表しますが、これだけのアンサンブル・・・    一般の人々の知っている曲をどんどん編曲して聞かせてあげてくださいヨ!

  ・・・選曲はいつも悩むんですよね。
  今回、「ばりうむ的」にはけっこう譲歩したつもりだったんですが、
  世間様の常識との間にはまだまだズレがあるようです・・・。

【合唱指揮者S先生】
心地良いアンサンブルに聴き入ってしまいました。
各々の力量の高さを感じ、「アンサンブル」の
日本語意味を考えてしまいました。(笑)
落ちついた演奏に会場の空気は皆さんのものに・・・
もっともっと聞かせて頂きたいと思う程です。
素晴らしい演奏をありがとうございました。
音の方向を知っている演奏はいいですね。


 ・・・「どう言われると嬉しいか」を知っている方のメッセージ♪
 お世辞でもありがたいな~
 楽器吹きは意外と単純なんです。

| | コメント (0)

(CD) Astor Piazzolla Chamber Music / Ma'alot Quintet

762














ピアソラ (1921-92)(Wind Quintet)estaciones Portena, Tango Ballet, Etc: Ma'alot Quintet ~HMV~

Estaciones Portenas
Tango Ballet
Histoire Du Tango
Four, For Tango

Ma'alot Quintet

なんと木管五重奏によるピアソラ4連発!!!こんなレアなCDは当然「ぼえさんライブラリー」。先日ハマッた「ブエノスアイレスの四季」も全曲入っていて、感涙ものです。駿逸なアレンジはメンバーのクラリネット奏者によるもの。木五でこんなCOOLな演奏ができるとカッコ良いなぁ・・・。

 

| | コメント (0)

(練習) ばりうむ・ぷろじぇくと

遊庵さんのチラシが出来てきたり、


※こちらのチラシは近日改訂予定・・・。

ヤギモクさんのコンサートのチラシが出来てきたり・・・


矢崎部品さんのクリスマスコンサートの
企画が具体的になってきていたり・・・・


あれもこれも練習して、
いよいよ年末に向けてラストスパート!!!

とりあえず明日は、焼津市民音楽祭の本番・・・。

| | コメント (0)

今日のランチは・・・

HAND MADE BAKERY PEATEAPAN



先日近所にOPENしたパン屋さんで焼きたてパンを買い込み♪
車で前を通っても、入るのは今日が初めてです。

値段もリーズナブルだし、無料コーヒーのサービスと
オープンテラスでそのまま焼きたてをいただくことができます。
朝早くからお客さんで大賑わいなのは、そういうことだったんですね。

| | コメント (0)

田舎道

大八車と自転車と歩行者は通行禁止
大八車と自転車と歩行者は進入禁止!?

一輪車やヒコーキなら良いのかな?

| | コメント (0)

Wake up Cat ~You Tube~

こういうの、けっこう好きだな~

| | コメント (0)

日の出


瀬戸川より AM 6:36

| | コメント (0)

来年のカレンダー



いつもお世話になっているホームケア リフォームスタジオさんから、
早くも2008年のカレンダーが届きました。

気がつけば今年も残りわずかです。

年賀状に大掃除、そろそろ始めないと・・・

| | コメント (0)

トレーニング


いつも通っている「 サンライフ焼津 」の立替工事も大詰めです。

トレーニング室だけは敷地の一角で営業を続けています。
スペースは狭くなっていますが、サービスの質を落とさないあたり、
トレーニング室のスタッフの尽力には感心するばかりです。

トレーニング室は新装オープンすると「さらに」狭くなるそうで、
市の考えていることはさっぱりわかりません。

もったいないなぁ・・・。

| | コメント (0)

アビリンピック開催中・・・

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会が始まりました。
昨日は皇室が来静ということで街中は厳戒態勢でしたが・・・




本日15:00頃、コーストFM (76.7MHz) に
フィッシュロックバンド 漁港が登場予定♪

| | コメント (2)

日の出

日の出
瀬戸川河口より

| | コメント (0)

静岡人なら…

静岡人なら…
ボジョレー解禁より桜えび漁の解禁ですよ♪

といっても、初物桜えびはまだ食べていないのですが・・・。
リーズナブルな「桜えびそば」はかき揚げが凍ってたりするのが残念。

| | コメント (0)

(練習) 静岡フィルハーモニー管弦楽団


トランペット奏者S氏はかなりのカーマニア・・・。
いいなぁ~ 「New MINI COOPER」 !!!

東静岡駅のコインパーキングに駐車し、かなり辺鄙な裏道を歩いていたところを車に乗ったS氏に拾われ、静岡駅前のAOIまでちゃっかり便乗させていただきました♪

今夜はバレエ「ドン・キホーテ」の練習・・・

前奏曲から第1幕でタイムオーバー。練習終了。

ちなみに、コレは第1ホルンのパート譜。
「Solo」の書き込みに渾身の「どSoloファンファーレ」♪

他のパートの方の譜面には「へたくそホルン」の書き込みがあったそうな・・・。

下手なフリは意外と難しいんですけどね。

| | コメント (0)

三日月

三日月
お粗末。  柿の種のようだ・・・

素晴らしい三日月はナマで見るに限ります。
皆さんも見ましたか?

| | コメント (0)

日の出

日の出
瀬戸川より

| | コメント (0)

仕事♪仕事~♪

・・・秋だなぁ~


AUTUMN IN NEWYORK AOIKUなんちゃって♪


ところで・・・

071112_214103
昨日の友人の結婚式で、
頂いたお菓子に入っていた紙片。

生きているうち
はたらけるうち
  日のくれぬうち
」 みつを





なんという、シンクロニシティー!
↓昨日からたまたま読んでいた本がコレ↓
いんげんだもの
いんげんだもの / 清水ちなみ

と、

にんじんだもの / 清水ちなみ
Photo









「実戦的人生訓」の帯に偽りなし。
でも、けっこう笑えた・・・。


秋だなあ~ ※一応、仕事中・・・。

| | コメント (2)

“天然”「のだめ」の次は・・・“セクシー系”?

安良城紅 制服脱いじゃう女子高生? 「ブラブラバンバン」で映画初主演 ~Yahoo!ニュース~

来年3月15日全国ロードショー決定?実写映画化なのだとか。
ホルンって地味な楽器だけど、これで一躍有名に・・・なるかな?

| | コメント (2)

(CD) エイト・シーズンズ / クレーメル

このところ車でぐるぐる聴いているCD・・・
エイト・シーズンズ

1. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ホ長調op.8 - 第1楽章
2. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ホ長調op.8 - 第2楽章
3. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ホ長調op.8 - 第3楽章 Danza Pastorale
4. ブエノスアイレスの四季 - ブエノスアイレスの夏
5. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ト短調op.8 - 第1楽章
6. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ト短調op.8 - 第2楽章
7. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ト短調op.8 - 第3楽章
8. ブエノスアイレスの四季 - プエノスアイレスの秋
9. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ヘ長調op.8 - 第1楽章
10. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ヘ長調op.8 - 第2楽章
11. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ヘ長調op.8 - 第3楽章 La Caccia
12. ブエノスアイレスの四季 - ブエノスアイレスの冬
13. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ヘ短調op.8 - 第1楽章
14. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ヘ短調op.8 - 第2楽章
15. 協奏曲集「四季」 ~ヴァイオリン協奏曲ヘ短調op.8 - 第3楽章

16. ブエノスアイレスの四季 - ブエノスアイレスの春

【演奏】
クレーメル(ギドン)
クレーメル・バルティカ

【アルバム解説】 ~Amazonサイト「エイト・シーズンズ」より~

ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」とピアソラの組曲「四季」で、合計が「エイト・シーズンズ」になるという計算。演奏しているのが、当代最高のヴァイオリニストの1人であり、またピアソラ・ブームの牽引車でもあるクレーメルとくれば、この足し算が突飛なアイデアではないことにどなたも同意していただけるであろう。
   クレーメルはアグレッシヴな演奏スタイルに特徴があり、美音でメロディーを歌い上げるタイプのヴァイオリニストではない。もちろんアグレッシヴといっても、芸のない一本調子のやれ行けそれ行けではなく、神出鬼没、千変万化、常に敵の裏をかくのが彼の兵法だ。
   名曲中の名曲であるヴィヴァルディの「四季」に挑むにあたり、彼はこれまでだれも試したことがないぐらい音色の幅を拡張した。人間の声にたとえていうなら、オペラのアリアを歌うような声ではなく、うめき、わめき、叫ぶ声。クラシック音楽の世界では決して美しいと考えられない音だ。どら声、かすれ声、しゃがれ声、ハスキーな声、ひそひそ話の声にならないような声。そういった音色を駆使し、クレーメルはきわめてリアルで聴き手の胸に突き刺さらんばかりの鋭角的なヴィヴァルディを造形している。
   ピアソラの「四季」にも同じようなことがいえるが、こちらには、ヴィヴァルディの「四季」から借用したメロディーをそこかしこに忍び込ませるという無邪気なお遊びが仕組まれている。(松本泰樹)


・・・いろいろな音楽との出会いの中でも、「これは!」という曲との出会いは意外に少ないものです。このCDの12曲目はこの数年の中でもトップクラスの「大当たり」です。というわけで、「超お奨め」の一枚♪

ライナーノーツがまたシビれた・・・。

丸い地球は北半球と南半球の2つの半球からなっている。それぞれ半球に四季があるわけだから地球全体でみれば「フォー・シーズンズ」の2倍、つまり「エイト・シーズンズ」があることになる。地球の上と下、北と南、昼と夜といった区別は絶対的なものではないから無視することにして、ついでに時間的なちょっとした違いも無視して、一種のバーチャル・リアリティの世界で考えると、その中で「エイト・シーズンズ」はすべて同時に存在している。

~中略~

ヴィヴァルディとピアソラは「4つ目の次元=時間」と「フィフス・エレメント=空間」とが交わった今ここで、「四季」に向けられたそれぞれの情熱を語り、語ることを通じて分かち合う。彼らの「四季」は、便宜上の分類でもなければ多彩なサウンドのカタログでもなく、ただ単純な事実としてここにある。あとは私たちが、私たちに与えられた短い時間の中でそれを楽しみ、分かち合えばいい。

その先には素晴らしい季節が待っている。


~ギドン・クレーメル~

| | コメント (0)

はやくも…

はやくも…
電飾X'masツリー

| | コメント (0)

大安吉日


旧来の友人の結婚式♪
エスプリ・ド・ナチュール


新郎(左)はユーフォニウム吹き♪


新郎新婦の出会いのきっかけとなった吹奏楽団が
お祝いに駆けつけました。


新婦もユーフォニウム吹き。
というわけで、ウェディングケーキも
ユーフォニウム!?


お幸せに~♪

| | コメント (2)

もみじ

もみじ
藤枝市不動峡にて

| | コメント (0)

お茶の花

お茶の花
島田市阪本にて

| | コメント (0)

蟹座の新月

明日、新月に入ります。

新月に夢や目標をリセットすると良いようですよ♪

☆2007年11月10日 8:00AM

新月に入ったら8時間以内に紙に手書きで2~8つほどの願い事を書くと良いようです。現在形または完了形の肯定文で、他人のことではなく自分を主体に書くことがポイントです。他人のことは変えられませんからね。ともかく、こういうことは楽しんで行なうと良いようです。

| | コメント (0)

ダイエット相談

社交辞令で、「どうやったら、そんなにやせるんですか~?」
と言われることは良くあるのですが・・・。

身近な方から、本気度120%?の切実な相談を受け、
成り行き上、ダイエット指南をする羽目に。

本日11月8日スタート。
3ヶ月後を乞うご期待♪

| | コメント (0)

立冬 ~二十四節気~



冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也 ~暦便覧~

・・・足元の落葉に冬の訪れを感じます。

| | コメント (0)

日の出


静岡市駿河区より

| | コメント (0)

飛行船


向こうからは、どう見えているんだろう・・・

| | コメント (0)

(練習)静岡フィルハーモニー管弦楽団

静フィルの練習に行ってきました。

来年の定期演奏会に向けての練習。
序曲「謝肉祭」 /ドヴォルザーク
「新世界より」 より1・4・3楽章/ドヴォルザーク

「謝肉祭」は降り番なので練習を拝聴。序曲3部作として、前後に作曲された2曲とあわせて、組曲形式で演奏されることも多いそうな・・・。一番有名なのはこの「謝肉祭」のようですが、聴いたことありません。なんでも、ドボルザーク渡米の頃の作のようで、コンサートのテーマに合わせたのでしょうか。“弱肉強食”を絵に書いたような曲で、演奏者はさぞ大変だと思いますが、聞いている分にはスカッとする曲です。

「新世界」は数週間やらないうちに初期化状態にリセットされ、4楽章の聴かせどころは例によって玉砕。しっかり練習しないと・・・。

| | コメント (0)

(本) ブッタとシッタカブッタ3 ~なあんでもないよ~ / 小泉吉宏 (メディアファクトリー)

ブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよ Book ブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよ

著者:小泉 吉宏
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もう何度読んだかわかりませんが、
たまに読むと考えさせられる本・・・

~印象的なフレーズ~

〈そのまんま〉に気がつくと
〈これが自分だ〉とか〈これが心だ〉とか
〈これが幸せだ〉とか〈これが生きる意味だ〉とか
そんな言葉や考えが
みんなあわ雪のように溶けてしまうんです。

全体が見えると部分は消える。


~中略~

 そのまんま

 
心の旅を徹底すると
 ぐるりと一周して
 なにごともなかったかのように
 日常のくらしに
 もどってくる

 中途半端な
 心の旅をして
 発見した「喜ぶ自分」を
 「本当の自分」
 と勘違いをして
 心の旅をした自分が
 他人とは違うと思い込み
 まわりを見下し
 不安定なまま
 日常に

 もどってこれなくなる
 あるいは
 もどりたがらない
 ブタがいる


~中略~

  「空」という言葉がある
  空ということは
  全てでもあるということ
  空を知ったら
  満ちていることも知る
  空は無いでもあるでもない
  無いでもあるでもないということでもない

  知っていても知らなくても〈理〉はそこにある

(本文より)

| | コメント (0)

運動会

先々月に雨天で流れた地域の運動会に行ってきました。


「玉入れ」は優勝♪



「二人三脚」♪

夫婦で参加した「綱引き」は初戦敗退・・・


隣に住むサル(姪)と・・・

運動会が終わったら、
トレーニングジム→川根温泉→20:00就寝の健康的な休日でした♪

| | コメント (0)

☆☆☆☆☆ 超お勧め本!

寝る子は育つ―眠る動物たち…しあわせな時間 Book 寝る子は育つ―眠る動物たち…しあわせな時間

著者:福田 幸広
販売元:二見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

猿や鹿、コアラなど、20種類の動物の寝顔の写真集です。
めちゃめちゃ癒されます。

福田幸広氏 オフィシャルサイト

| | コメント (0)

エネスコ、シュルホフ、バルトーク : バイオリンとピアノのための作品集 / クレーメル(ヴァイオリン)・マイセンベルク(ピアノ)

作品画像はありません
ダブリューイーエー・ジャパン WPCS-5701 (YAHOO! Music)

ジョルジュ・エネスコ
幼き頃の印象 作品28 ~ヴァイオリンとピアノのための~

エルヴィーン・シュルホフ
ヴァイオリン・ソナタ 第2番

ベラ・バルトーク
ヴァイオリン・ソナタ 第2番、Sz.76

ペテリス・プラキデス
蝗の2つのダンス

ギドン・クレーメル (ヴァイオリン)
オレグ・マイセンベルク (ピアノ)

エネスコ繋がりで見つけてきたCD。「バルト3国」の作品集。かなり民族色の強い作品たちですが、前衛的なようでどこか懐かしい・・。不思議な感覚 (トランス感覚?)を覚えます。

※プラキデスの「蝗(いなご)の~」はボーナストラックのようです。

| | コメント (0)

ドヴォルザーク/ヤナーチェク/エネスコ●管楽のための作品集 / オスロ・フィルハーモニー・ウィンド・ソロイスツ

<管楽のための作品集>ドヴォルザーク:セレナード / エネスコ:十重奏曲 / ヤナーチェク:六重奏曲「青春」 オスロ・フィルハーモニー・ウィンド・ソロイスツ
NAXOS 8.554173

ドヴォルザーク
セレナード ニ短調 Op.44 B.83

エネスコ
十重奏曲 Op.14

ヤナーチェク
木管楽器のための六重奏曲 「青春」

演奏:オスロ・フィルハーモニー・ウィンド・ソロイスツ

トラックナンバーと違う曲順のCDタイトルは作曲者の知名度順か?
「ばりうむ・ぷろじぇくと」のオーボエ氏ぼえさんからいただいたCDです。

「エネスコ」は先日の練習で初見練習をした曲。その場ではなにやら意味不明な曲でしたが、ちゃんと演奏したCDを聴くと、「こんなに綺麗な曲だったとは!!!」という感じです。そういえば、ちょっと前にルーマニアの「オゾン」とかいうグループの「マイアヒ~」なんてありましたが、歌詞のないこの曲もなぜか日本人の琴線に触れる不思議なメロディーです。なんとも形容しがたい、他のどんな作曲家の曲にも似ていない変な曲・・・(もとい美しい曲!)。

「ぼえさん!これは是非とも、気長にでも良いですからチャレンジしていきましょう!!」

ついでに屈折系?繋がりで、やりかけのヤナーチェクも・・・。

はぁ~  やりたいことばかりで、時間がいくらあっても足りないな~

| | コメント (2)

cafe CHA CA


静岡伊勢丹4Fにある自然食カフェでランチをいただきました。

妻が色々調べて見つけたお店のようです。8Fのレストラン街とは別に、4Fの婦人服売場の片隅にひっそりと在るので、ともすると見落としてしまいそうな小さなお店ですが店内は以外にも多くのお客さんで賑わっていました。昨今は健康食がブームと言いながらも、こういうお店は意外に少ないので皆さん探して来るのかもしれませんね。

↓玄米オムライスのセットメニューです。↓


CHA CA(茶花・チャカ) [静岡市葵区呉服町]

| | コメント (0)

大道芸

大道芸ワールドカップin静岡 2007

諸々の用事のために静岡市内へ・・・。
街中がイベントムードで盛り上がっています。

静岡ではすっかり秋の定番イベントとなった「DAIDOGEI」ですが、実は実際に観に行ったのは昨年が初めてです。かなりの大イベントで、これだけの規模で毎年開催する主催者の尽力は計り知れないものがあると思います。僕はまだまだビギナーなので今年も通りがかりにパフォーマーを取り囲む人垣を掻き分けては覗き込むといったところが精々。本当はメイン会場などのワールドカップ部門などのハイレベルなショーもあるようですが、“行き当たりばったり”なので勝手がわからずにおそらく1/10も楽しめていないんだろうと思います。




人間ジュークボックス “タカパーチ”さん
秘密結社タカパーチ友の会


ロービング(徘徊型のパフォーマンス)の “un-pa” さん


見事なシャボン玉ショー “ふきだま屋” さん

| | コメント (0)

(本) Web2.0バカ / 信國大輔

ウェブ2.0バカ Book ウェブ2.0バカ

著者:信國 大輔
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本文中にはウェブ2.0という言葉が389回でてきますが、本書では使わないことを推奨しています。本書はウェブ2.0に踊らされない、損しない、恥をかかないための本です。

・・・などと言う表紙の言葉が印象的です。

一見、専門用語のように見えて、そうではなく明確な意味や定義がない無意味な用語は「バズワード=buzzword」とよばれるそうですが、たしかに、「ユビキタス」だの「勝ち組」「負け組」などのワードを慎重に聞いてみれば、発信側の意図が見えてきます。物事の仕組みを知れば、カラクリも見えてくるというものです。この本では物事の本筋・核心に気持ち良いくらいに切り込んでいます。非常に深いメッセージをこれだけシンプルな本にまとめた著者に敬意を表します。

| | コメント (0)

「フェスタ小石川」のもようがケーブルTVで紹介されました。

「我が母校」でもある焼津西小学校の「フェスタ小石川」の模様が地元ケーブルTVのインフォメーションコーナーで紹介されていました。

071103_182101_2071103_182103_2071103_182105071103_182106071103_182107071103_182203071103_182301071103_182501







放送の中でも言われていましたが、昨今のセキュリティの重要性が取り沙汰される中、西小PTAが同じくらいに重要視しているのが、「地域とのつながり」なのだそうです。実際このイベントは地域開放型で、地元の大人が大きく関わっているのも意義深いことだと思います。

| | コメント (0)

週末の静岡は大道芸

大道芸ワールドカップin静岡 2007

いよいよ始まりました♪

今秋OPENしたSHIZUOKA109下のホコ天で、
奇妙な物体?に遭遇。

| | コメント (0)

日の出

日の出
浜当目海岸より

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »