« (練習) 木管五重奏 グラスクインテット | トップページ | 日の出 »

(本) 今日という日の使い方 ~雨の日を心から楽しめる傘をさそう~ 加藤諦三 (三笠書房)

今日は、年に一度あるかないかの「スカッとした」よい天気でしたが・・・。

今日という日の使い方

「小さな具体的な行動」がたくさん紹介されています。
“それアリ”というのをピックアップ。

晴れた日。時間があれば水を持って、スポーツシューズを履いてハイキング気分で歩く。

自転車の好きな人なら、自転車で出かけてみよう。そして自転車の勢いに任せて、両足をペダルから離してみよう。何かが吹っ切れた気分になることもある。

歩いたり、自転車が好きではないという人は、知らない土地の方に、目的のないドライブに出かけてみよう。「へー、こんなところがあるのか」と驚くかもしれない。そのときはつまらなくても、後から考えると、楽しい思い出になっている。

雨の日。雨の中を「大きな傘でレインシューズ」という完全装備で歩く。ポケットにはチョコレート。

今日と明日だけは好きなものを食べ続ける。

図書館に行く。

顔の表情を変えて見る。

白い雲を見る。

 他にも色々あるんだけど・・・、
 「日常」を楽しめるのが、一番ですね♪

|

« (練習) 木管五重奏 グラスクインテット | トップページ | 日の出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。