« ウォーキングコースより | トップページ | 季節外れの桜 »

(練習) 木管五重奏 グラスクインテット

静岡フィルの有志による木管五重奏です。ネッツトヨタのアンサンブルコンサートに向けて、初合わせを行ないました。当初予定していた初合わせが台風5号の接近により中止になっていたので、今日の練習が事実上の初合わせです。内容的にもボリュームのある曲なので本番までに間に合うかどうか・・・。何曲か通しながら、当日のプログラムを決定しました。

【練習曲】

ラヴェル
亡き王女のためのパヴァーヌ

モーツァルト
セレナーデ 第11番 変ホ長調 K.375より
②第2楽章
③第3楽章
④第5楽章(FINALE)

パヴァーヌはホルン吹きにとっては冥利に尽きる曲。
モラゲス版の譜面は素晴らしいアレンジです。

メインはモーツァルトのセレナーデ。オリジナルは八重奏ですが、五重奏でもオリジナルに無いフルートが入るため、むしろ豪華に聴こえます。 

|

« ウォーキングコースより | トップページ | 季節外れの桜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。