« (練習) 焼津市民吹奏楽団 | トップページ | インド人もビックリ!?カレーラムネ »

道州制で日はまた昇るか / 道州制.com:編著 (現代人文社)

道州制で日はまた昇るか―地方分権から市民主権へ Book 道州制で日はまた昇るか―地方分権から市民主権へ

著者:一新塾
販売元:現代人文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

市町村合併も佳境を迎えつつあるようですが、道州制の導入が日本をどのように変えるか、道州制 .com の示すビジョンには、今後の日本の理想像が見えます。

本文より・・・

「 若い人、子どもがあふれて元気な北海道
  シニア女性と海外のセレブでにぎわう北海道
  文化の香りただよう北信越道
  成熟した都会・関東道
  企業と住民が力を合わせて活気づく中部道
  古きよき日本を思わせる近畿道
  平和と外交をアピールする中国道
  ルック・アジアの国際空間・九州道
  もはや日本ではない!?琉球王国

  2020年の日本、あなたは何歳になっていますか?
  そして、どこに住んでいるのでしょうか?  」

・・・北海道は本土との1時間の時差を利用して、世界で最初に開くマーケットとして金融ビジネスが盛んになる。特区としてのロシアとの交流プログラムの取り組み。関東は東京都心をぐるりと取り囲む神奈川三浦~東京多摩~埼玉西部・北部~群馬・栃木~千葉房総の一帯を「アグリベルト」とする農業改革の可能性。21世紀の「道州制」は地域が直接アジアや世界と直結し、国際競争力を持ってゆく時代のようです。これらはあくまでフィクションですが、かなり実現性の高いストーリーだと思います。


  ●まず簡単にできる、こんなこと

  ①情報をとろう、そして判断しよう
  ②自治体発行の広報誌を読む
  ③税金の使われ方を調べてみる
  ④議会を傍聴する、またはタウンミーティングに参加する
  ⑤選挙に行く


・・・Web上にも情報はたくさんあります。

『道州制.com』

『道州制推進連盟』

北海道公式サイトより 『道州制のページ』

|

« (練習) 焼津市民吹奏楽団 | トップページ | インド人もビックリ!?カレーラムネ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。