« (本) 地球を殺そうとしている私たち / ティム・フラナリー著・椿正晴訳 (ヴィレッジブックス) | トップページ | 朝焼け »

「豪快な号外」

070617_181601




















準備万端。
担当は藤枝市南部地域。
いよいよ配布します。

「豪快な号外」 ~ TIAM GO GO~
ギネスに挑戦!

夏至の日には、キャンドルライトの下、
この号外を読んで一人ひとりが出来ることを考えていただきたいと思います。

関連して・・・
070617_181701
















「電気を消して、スローな夜を。」

私達は「100万人のキャンドルナイト」を呼びかけます。
2007年の夏至の日、6月22日よる、8時から10時の2時間
みんなでいっせいに、でんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもよいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を
ある人は世界のいろいろな場所で生きる
人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。

それは人間の自由と多様性を想いおこすことであり
文明のもっとも大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、ただ2時間
でんきを消すことでゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上に広げていきませんか。

2007年、6月22日、夏至の日。よる8時から10時
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト


2006年6月22日 「100万人のキャンドルナイト」

|

« (本) 地球を殺そうとしている私たち / ティム・フラナリー著・椿正晴訳 (ヴィレッジブックス) | トップページ | 朝焼け »

コメント

おはようございます。
ろばさんは本当に早起きですね。
朝のうちに、号外新聞の配布ですね。
私は夕方になってしまいましたが
思った以上に、気持ち良く受け取って
下さり嬉しかったです。
ご検討を祈ります!

投稿: 山田です | 2007年6月19日 (火) 08:21

山田さん

今朝は日の出直前から、90部ほど配布しましたよ。
学生時代3年間の新聞配達の経験がこんなところで役に立つとは・・・。

先ほど我が家にも号外が届きました。
今朝は静岡新聞にも取り上げられていたようで、
なにか大きなムーブメントを感じます。

あと3日。
なんとか配りきります!

投稿: ろば君 | 2007年6月19日 (火) 19:24

昨日美容院で「号外」もらってきました。
私んトコのサロンにも置いてありました。
私の住むところはさすがに配布されなかったようです。
そして今日(日付が変わったから昨日か☆)の
夜8時から10時まではどうしてたかというと
明日のコンサートに向けて追い込み(付け焼刃?)練習。
キャンドルどころではありませんでした。(>_<)
まぁその分、日頃から何かしら気をつけていけたら
いいなと思います。
・・・エアコンつけっぱなし☆

投稿: hiroko | 2007年6月23日 (土) 00:48

hirokoさん

かくいう私もキャンドルどころではないのです。ホントは。

今から「付け焼刃」します!!

今日の本番よろしく♪

投稿: ろば君 | 2007年6月23日 (土) 05:23

田沼のジョイフルでも発見しました。
お勤めごくろうさまでした。

投稿: 通行人 | 2007年6月25日 (月) 12:29

通行人さん
いらっしゃいませ。藤枝のジョイフルということは、地元の方ですね。

今回は戸別に配られた以外にも、通勤時間帯の駅とか、ショッピングセンターでも配られたようですね。僕が担当したのは藤枝市最南端の一部地域で、200世帯ほど。ほとんどが昔からの農家さんをはじめ、一戸建てが中心で、アパートなどの集合住宅は一棟もない地域でした。おかげでよい運動になりましたよ。


投稿: ろば君 | 2007年6月25日 (月) 21:25

この記事へのコメントは終了しました。

« (本) 地球を殺そうとしている私たち / ティム・フラナリー著・椿正晴訳 (ヴィレッジブックス) | トップページ | 朝焼け »