« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

八重山吹

八重山吹
いつも美味しい玄米を分けていただく農家のお宅の庭先にて・・・

| | コメント (0)

これって・・・

「馬とシマウマの間に生まれた子馬、ドイツで話題に」 ~Gooニュース~

なんかかわいそうな気もしますが、けっこうお洒落。。。
今までよくよく見比べたことないけど、馬とシマウマって、
本当はけっこう違う動物なんですね。↓
「馬の種類」 ~北海道 日高支庁ホームページより

| | コメント (0)

夕闇迫る・・・

夕暮れ
19:00 静岡市駿河区にて

静岡市は33℃くらいまで気温が上がったようです。
夕立が去っても、湿った風が吹いています。
今夜は満月・・・のはずですが東の空はあいかわらず
べっとりと真っ黒い雲が立ち込めています。

今週末は大きな用事もなく、久々にのんびり出来そうです。

皆さんも、良い週末を♪

| | コメント (0)

(本) 探テク 失くしたモノをゼッタイ見つける方法 / 小林シンヤ (日本実業出版社)

探テク 失くしたモノをゼッタイ見つける方法 Book 探テク 失くしたモノをゼッタイ見つける方法

著者:小林 シンヤ
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「探し物のテクニック集」ですが、その根底には著者の「探し物」に対する深い思い入れが感じられます。もはや「探し物」をレジャー化しています。モノがなくなるメカニズムからはじまり、モノをなくさないための方法、はては探し物によって得られる意外なものまで、内容は哲学的?な展開をみせます。何も予定のない日には何も失くしてなくても「探し物」をするのも、人生の意外な落し物に再会できるかもしれませんね。

「探テク Brog」

| | コメント (0)

(本) 図解「朝」日記で夢をかなえるノート / 佐藤伝 (PHP研究所)

[図解]「朝」日記で夢をかなえるノート Book [図解]「朝」日記で夢をかなえるノート

著者:佐藤 伝
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日記は夜書くものという常識を覆す、「朝」つける日記のメリットが紹介されています。しかも、いまの時代にあわせて、PCエクセルや携帯電話などをフル活用するアイデアが満載。使えそうなワザは2~3使わせていただくことにします。

Web 「ハイパーまんだら日記」

| | コメント (0)

(本) ほぼ日刊イトイ新聞の本 糸井重里 (講談社)

ほぼ日刊イトイ新聞の本 Book ほぼ日刊イトイ新聞の本

著者:糸井 重里
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本文中より・・・

 クリエイティブがイニシアティブを持って
 仕事のできる「場」を作りたい。
 そんなぼくの目の前にあらわれたのが
 インターネットだった―。

 まったくのパソコン素人が一念発起。
 『ほぼ日刊イトイ新聞』を
 に立ち上げてから三年。
 ドタバタじたばたしながらも、
 どんどんにぎやかな人気サイトに育ってゆく。

 そこから見えてきたのは、
 これからの「働く」ということ。
 これからの「つくる」ということ。
 これからの「付き合う」ということ。
 そしてこれからの「生きる」ということ。
 勝ち負けだけじゃない価値も
 この世の中にはある。

「ほぼ」とかいいながらも、結局毎日、今では創刊以来10年ちかく、毎日更新し続けている超人気サイトです。その舞台裏の試行錯誤が紹介されています。会社組織化されたチームとして作成されているこのサイトも、限りなく個人サイトに近い地味な作業の連続の上に成り立っていることがわかります。ディズニーランドもそうですが、「日々進化し続ける」ところに人が集まるのだろうと思います。

ほぼ日刊イトイ新聞

| | コメント (0)

(DVD) THE RAMALLAH CONCERT / ラマラ・コンサート

「ラマラ・コンサート」
31p855aybsl










DISC.Ⅰ
①ドキュメンタリー 「知ること、それが始まり」

DISC.Ⅱ
②バレンボイム他によるプロローグ、スピーチ

~コンサート~

モーツァルト
協奏交響曲 変ホ長調 K.Anh.9 (K297b)
~オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンのための~

ベートーヴェン
交響曲 第5番 ハ短調 作品67 《運命》

エルガー
創作主題による変奏曲「エニグマ」 作品36 より
 ~ニムロッド~

ウエスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ
モハメッド・サレ(オーボエ)
キナン・アズメ(クラリネット)
モー・ビロン(ファゴット)
シャロン・ポリャック(ホルン)
指揮:ダニエル・バレンボイム

録音:2005年8月21日
イスラエル:パレスチナ自治区・ラマラ(ライブ・レコーディング)

音楽を志す若者によって結成された臨時編成のフェスティバルオケということで、かなりアグレッシヴな演奏です。協奏交響曲も各ソリストがかなり積極的で溌剌とした演奏です。演奏だけ聴けば、ほかのメジャーオケによる市販のCDに比べて、いくらか粗削りな気がしなくもありませんが、このオケの成り立ちを知った時、感動を感じずにいられませんでした。パレスチナとイスラエルの衝突の最前線であるラマラで、対立する民族の若者同士が巨匠バレンボイムのもとに集い、ひとつの音楽を作り上げる。アンコールの「ニムロッド」は聴いていて、図らずも涙してしまいました。音楽の力は偉大です。

| | コメント (0)

(本)エコロジカル・フットプリントの活用 ~地球1コ分の暮らしへ~ / ニッキー・チェンバース、クレイグ・シモンズ、マティース・ワケナゲル[著] 五頭美知[訳] 和田喜彦、岸基史[解説] (合同出版)

エコロジカル・フットプリントの活用―地球1コ分の暮らしへ Book エコロジカル・フットプリントの活用―地球1コ分の暮らしへ

著者:ニッキー チェンバース,マティース ワケナゲル,クレイグ シモンズ
販売元:インターシフト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本文中より

「基本的にエコロジカル・フットプリントは、熱力学や生態学の法則に沿って、人間の及ぼす環境負荷の合計値を出す簡単な計算ツールである。エコロジカル・フットプリントは生物量をどれだけ収奪しているかを把握するにとどまらず、廃棄物の吸収や水利用といった生態系の恩恵も加味している。フットプリント分析は人間による自然の利用が生物圏の再生能力に影響を与える場合に、その利用状況を把握しようというものである。そして、こうした生態系への影響を面積で表す。すなわち、「一般的な技術を用いて、ある特定の人口集団が消費するあらゆる資源を生産し、かつ、彼らが輩出する廃棄物を吸収するためにどれくらいの自然が使われるか」を測定する。その結果を「世界平均の生産力を有する生物生産力のある土地面積」という共通の単位で示す。(以下略)」

「バクテリアであろうとクジラであろうと人間であろうと、どの生命体もすべて、地球に負荷を与えている。私たちは皆、原料を得る際にも廃棄物を吸収してもらう際にも、自然のもたらす産物やサービスに依存している。私たちが環境にどれだけの負荷を与えているかは、現在の消費パターンを維持するために利用したり、「収奪」したりする自然の「量」に関連している。鍵となる質問は、「この負荷が、自然が持続可能な形で支えられる範囲を越えているか」である。地球の生態系が持つ「預金口座」に蓄えられている自然資源の量は、ごくごく限られている。もしここにある「資本」を消耗させ続けたなら、ゆくゆくは、引き出して使える財産がまったくなくなってしまう。そうならないように、私たちは、地球上で混沌と生きる多様な生き物たちとこの恵を共有しながら、自然資本の「利息」の範囲内で生きる方法を見つけなければならない。(以下略)」

・・・・引用が長くなりましたが、『自然資本の「利息」の範囲内』という表現には「目から鱗が落ちる」思いでした。今のままの生活ではまさに「元本」を食潰していることになるのです!『地球一個分のくらし』とは、アボリジニなどの先人は「7代先までを考えた生活」といったようですが、今の我々は金銭で「時間」「距離」「空間」なんでも得られる錯覚に陥っているような気がします。

| | コメント (0)

インド人もビックリ!?カレーラムネ


「ピリッとスパイス、シュワッと炭酸
 カレーラムネ
    ~カレーとラムネの不思議なコラボ。」

島田市にある木村飲料の「カレーラムネ」。
仕事帰りに妻が買ってきました。
先日「めざましテレビ」でも紹介されていたようですが、
こんなケッタイなモノが島田市内のスーパーには売られているようです。

早速、風呂上りの一撃に・・・

普通にカレーではないですか!!!

ただただ、笑えます。

妻曰く、 「一回飲んだらもういらない・・・」

営業ツールには使えそうです。


木村飲料 公式ホームページ

| | コメント (4)

道州制で日はまた昇るか / 道州制.com:編著 (現代人文社)

道州制で日はまた昇るか―地方分権から市民主権へ Book 道州制で日はまた昇るか―地方分権から市民主権へ

著者:一新塾
販売元:現代人文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

市町村合併も佳境を迎えつつあるようですが、道州制の導入が日本をどのように変えるか、道州制 .com の示すビジョンには、今後の日本の理想像が見えます。

本文より・・・

「 若い人、子どもがあふれて元気な北海道
  シニア女性と海外のセレブでにぎわう北海道
  文化の香りただよう北信越道
  成熟した都会・関東道
  企業と住民が力を合わせて活気づく中部道
  古きよき日本を思わせる近畿道
  平和と外交をアピールする中国道
  ルック・アジアの国際空間・九州道
  もはや日本ではない!?琉球王国

  2020年の日本、あなたは何歳になっていますか?
  そして、どこに住んでいるのでしょうか?  」

・・・北海道は本土との1時間の時差を利用して、世界で最初に開くマーケットとして金融ビジネスが盛んになる。特区としてのロシアとの交流プログラムの取り組み。関東は東京都心をぐるりと取り囲む神奈川三浦~東京多摩~埼玉西部・北部~群馬・栃木~千葉房総の一帯を「アグリベルト」とする農業改革の可能性。21世紀の「道州制」は地域が直接アジアや世界と直結し、国際競争力を持ってゆく時代のようです。これらはあくまでフィクションですが、かなり実現性の高いストーリーだと思います。


  ●まず簡単にできる、こんなこと

  ①情報をとろう、そして判断しよう
  ②自治体発行の広報誌を読む
  ③税金の使われ方を調べてみる
  ④議会を傍聴する、またはタウンミーティングに参加する
  ⑤選挙に行く


・・・Web上にも情報はたくさんあります。

『道州制.com』

『道州制推進連盟』

北海道公式サイトより 『道州制のページ』

| | コメント (0)

(練習) 焼津市民吹奏楽団

8月の吹奏楽コンクールのお手伝いということで、焼津市民吹奏楽団の練習にいってきました。

練習曲
マーチ「ブルースカイ」 / 高木登古
And Can It Be ? / DR.ギリングハム

4月の定期演奏会でも取り上げている曲ですが、コンクールに向けてということで、パート練習でかなり細かく練習をしました。マーチの単純な「アト打ち」もニュアンス・ピッチなどを正確に合わせていくとなると、それだけで時間はいくらあっても足りません。わずか5分そこそこの曲を徹底的に突き詰めていくのは、なかなか大変な作業です。

焼津市民吹奏楽団 ホームページ

| | コメント (0)

(練習) 静岡フィルハーモニー管弦楽団

ひさしぶりに静岡フィルの練習に行ってきました。

前回の定期演奏会に引き続き、8月の英国公演までは「降り番」なので出番はないのですが、練習の欠員の「代吹き」ということで半年振りに練習に復帰です。

~練習曲~

ピアノ協奏曲/チャイコフスキー
管弦楽のためのラプソディ(2001年改訂版)/外山雄三

「英国公演」に向けての練習。指導は指揮者の海老原先生。「ラプソディ」は2001年の英国公演でも取り上げた邦人作曲家による曲です。先回は1960年のオリジナル版でしたが今回は最新の「改訂版」を使用するようです。ホルンにとってはHigh‐Eなどのハイトーンが連発する難曲で、ある意味メインプロより難関だったりします。

今日はホルンパートに入団希望のオーディションがあったようで、入団されれば静フィルのホルンパートは総勢9名!!!賑やかになりそうです。

静岡フィルハーモニー管弦楽団 ホームページ

| | コメント (0)

(本)いい明日がくる 夜の習慣 / 佐藤伝 (中経出版)

いい明日がくる 夜の習慣 Book いい明日がくる 夜の習慣

著者:佐藤 伝
販売元:中経出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

毎回一回必ずくる夜。習慣化することで人生が好転するアイデアが満載です。ちなみに表紙の日の出写真、くりぬきの月の形が夜明けの月の形(有明月)になっています。陰陽入れ替わる風を表しているようです(そこまで意図したかはわかりませんが)。

~夕食の「前」に歯磨きをする~

というアイデア。
脳をだましてダイエットにちゃっかり活用できるようです。
お試しあれ♪

| | コメント (0)

(本)山頭火を行く / 四宮佑次 (ランダムハウス講談社)

山頭火を行く Book 山頭火を行く

販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

素晴らしい写真と、添えられた文章が素晴らしい一冊。
「日本の原風景」といった感じです。

こういう写真を見ると、
良いカメラが欲しくなったりします。

文中より・・・

 山あれば山を観る
 雨の日は雨を聴く
 春夏秋冬
 あしたもよろし
 ゆうべもよろし

・・・観る・聴くという姿勢、忘れがちです。
「あるがまま」を受け入れる「私」でありたいものです。

| | コメント (0)

(本) 彼岸花 ~故・林大貴君に捧げる / 林有加・長田智佐子:著 (日本短波放送)

彼岸花―故・林大貴くんに捧げる Book 彼岸花―故・林大貴くんに捧げる

著者:林 有加,長田 智佐子
販売元:日本短波放送
Amazon.co.jpで詳細を確認する

和歌山毒物カレー事件の犠牲者、林大貴君の母、有加さんが、天国のわが子にささげる鎮魂歌。童話とはいえ、実話がベースになっているだけに、あまりにも切なすぎます。事件は現在でも係争中ですが、この本のメッセージを事件と結びつけて「悲しい話」とすませてしまうのは浅はかな気がします。内容的には「いのち」の繋がりの素晴らしさを伝える素晴らしいメッセージが込められています。

| | コメント (0)

雨上がり

雨上がり
愛宕霊園にて

| | コメント (0)

電車で出勤

電車で出勤
マイカー自粛の週明けです。

| | コメント (0)

マーチング

マーチング
姪の通う常葉菊川中学/高校の学園祭に来ています。
若さ溢れるステージです。

070624_104201
















最近はどの学生バンドも振り付けが流行っているようです。
僕達が学生の頃とは雰囲気もずいぶん洗練されているような気がします。

| | コメント (0)

夜明け

070624_042701















瀬戸川緑地より

| | コメント (0)

(演奏会) 第5回 喫茶店 遊庵コンサート / ばりうむ・ぷろじぇくと・KBCクラリネットアンサンブル

ばりうむ・ぷろじぇくと「第5回 喫茶店 遊庵コンサート」
共催:KBCクラリネットアンサンブル
喫茶 遊庵 (島田市阪本4377-1)
→ちらし「yuuan_2007.pdf」をダウンロード
 


毎度ながら、わかりにくい場所でのコンサート。
慌ててこしらえた案内矢印は文字がさかさまです。
070623_130001




















070623_104701














今回は管楽6重奏ということで、バスクラリネットに賛助出演をしていただきました。写真はヤナーチェクの管楽六重奏曲「青春」をリハーサル中。

練習の合間に、
なにやら変な楽器の登場です。
070623_114002












大昔の楽器、「コルネット」を披露するオーボエ氏。


お楽しみの昼食タイム。
「遊庵」さんの500円ランチ
070623_131001









この内容で、この値段!!!
安すぎます。


さて、本番のトップバッターは、
KBCクラリネットアンサンブルさんです。
070623_140001















ラルゴ / ヘンデル
あなたが欲しい / サティ

070623_141401















千の風になって / 新井満

素敵なボーカルをフューチャーした、KBCさんのオリジナルアレンジ。
この曲にあわせたかのように、外は束の間の晴れ間が・・・。
070623_165701_1










「マ・メール・ロア」 / ラヴェル
    ~パコダの女王レドロネット

※アンコール: 川の流れのように / 美空ひばり


休憩を挟んで ばりうむ・ぷろじぇくと の出番です。
「もうすぐ本番」の一コマ。
070623_143601
















「ロメオとジュリエット」 / プロコフィエフ
       ~モンタギュー家とキャピュロット家
木管6重奏「青春」 / ヤナーチェク ~第1楽章
「恋は魔術師」 / ファリャ ~火祭りの踊り
歌劇「カルメン」 / ビゼー ~抜粋
※アンコール:冬のソナタテーマ曲 「最初から今まで」

所変わって静岡市内某所・・・。

こちらは打ち上げ風景。
070623_191701










070623_191901





恒例により、とりあえず反省。

| | コメント (0)

空梅雨?

気象庁に苦情を言う方もいるとか・・・

天候に左右される職業なら、
自分なりの予報基準を持つのが普通だと思うのですが・・・。

「お門違い」といえばそれまでですが、
事情は人それぞれです。

「天候デリバティブ」 ~損保ジャパン~

| | コメント (0)

おはようございます♪


4:25AM

LOHASな週末?のSTARTです。

今日は焼津市→(JR)→島田市→(JR)→静岡市→(JR)→焼津市
明日は焼津市→(JR)→菊川市→(JR)→静岡市→(JR)→焼津市

こんな時に限って、クルマが使えないとは。。。
電車が止まる!!!・・・なんてことがないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

マイカー自粛?

職場の金庫に運転免許証入りの財布を忘れて帰って来てしまったため、今週末は「マイカー自粛」・・・。車のありがたみを存分に味わうことが出来そうです。そして、地球にやさしい週末です。

妻との会話・・・

「携帯電話を忘れるのと免許証入りの財布を忘れるの、どっちが辛いかな?」

考えてみたら、どっちも平気だったりします。
以前はどっちの場合も取り乱したものですが・・・。

ハプニングも前向きに捉えると、結構楽しめます。

| | コメント (0)

今日から日本が変わりだす!!


ホームケアさんの リフォームスタジオにて

やっと梅雨らしくなりました。
雨の降る夜、ろうそくの灯りでアコーディオンと三味線のミニコンサート
最高の贅沢です。

100万人のキャンドルナイト

「今日から日本が変わりだす!!」 ~TEAM GOGO!2007~

| | コメント (0)

(本)地球のために 私ができること /枝廣純子 (大和書房)

地球のためにわたしができること Book 地球のためにわたしができること

著者:枝廣 淳子
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「朝2時起きでなんでもできる」の著者で、「不都合な真実」の訳者でもある枝廣純子氏のエコエッセー集です。それぞれのエッセーには様々な環境への取り組みの実例が紹介されていました。

風で織るタオル ~池内タオル株式会社

携帯電話のリサイクル ~電気通信事業者協会(TCA

ろうそくの灯りで考える ~100万人のキャンドルナイト

マイはし、間伐材のマウスパッド ~イーズショップ

空と海のエコロジー消しゴム ~株式会社シード

グリーン電力を選ぼう ~エネルギーグリーン

マイ水筒でおでかけ ~全国銘茶スポット(象印マホービン株式会社)

卵から、エコチョーク ~キューピー株式会社

REボトルで呑もう ~菊水酒造株式会社

廃食油を活用する ~菜の花プロジェクトネットワーク

再生自転車が海を渡る ~ジョイセフ

地球にやさしい眠りを楽しむ ~エコふとん

| | コメント (0)

夏至 ~二十四節気~


瀬戸川河口にて AM4:30

陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧)

| | コメント (0)

朝の風景


夜明け 栃山川にて
焼津市と大井川町と藤枝市の境目です。
「号外」配布の担当地域はこの偏狭の地?から始まりました。





田んぼ脇の花


一応、梅雨時なんですけどね。
池の蓮に風情を感じます。

3日間かけて、割り当ての「号外」を配り終えました。明日の夏至の日に合わせて「地球環境」を考える様々なイベントが行なわれます。みなさんのお宅にも「号外」は届きましたか?「小さな事からひとつづつ」
そんな輪が広がって大きな変化が生まれますように・・・。


070621_214301



そんなわけで、「マイ箸」です。
昼食を外で買うことが多いのですが、
これで割り箸を使わずに済みます。







「動けば変わる日」まであと1日! ~TEAM GOGO!2007~

| | コメント (2)

日の出

日の出
藤枝市内より

| | コメント (0)

(本) ストレスで、あなたの骨がゆがんでます!/ 山口純子 (ダイヤモンド社)

ストレスであなたの骨がゆがんでいます Book ストレスであなたの骨がゆがんでいます

著者:山口 純子
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「つぎは、こういう行動や言動をしてみよう」
という対策をとると骨のゆがみが治る。

「つぎは、こういう感情をもつようにしよう」
という対策をとると見る見る骨がゆがんゆく。

ストレスを否定するのではなく、ストレスと「折り合いを付ける」ことが、解決策のようです。「骨のゆがみを起こさせないストレス」に変化させることで、体が本来の状態を保てるそうです。キーワードは「仙骨」。犬・猫などでは「しっぽ」にあたるこの部分は、「自分を押し殺す」ストレスに敏感に反応します。テリトリーを脅かされるとしっぽを立てる動物の名残が人間にもあるようです。他にも食事、電磁波、噛み合わせ、事故由来などによる骨のゆがむ仕組みがわかりやすく説明されています。

| | コメント (0)

(CD) ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 《街の歌》他 /アルゲリッチ



ベートーヴェン
ピアノ三重奏曲 第4番 変ロ長調 作品11 《街の歌》
マルタ・アルゲリッチ (ピアノ)
マルク・デネマルク (クラリネット)
マーク・ドロビンスキー (チェロ)

モーツァルト
ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 K.478
エフゲニー・ブラフマン (ピアノ)
マーク・ドロビンスキー (チェロ)
ドラ・シュワルツベルク (ヴァイオリン)
ノラ・ロマノフ・シュワルツベルク (ヴィオラ)

三重奏こそ究極のアンサンブル形態ということで、僕としては一番好きなジャンルです。ここではベートーヴェンによる、クラリネットを含む三重奏曲が収録されています。従来はヴァイオリンの部分がクラリネットに替わったという編成。《街の歌》というベートーヴェンらしからぬ?タイトルどおり、洒落た曲です。カップリングのモーツァルトも従来のスタンダードであるピアノ・ヴァイオリン・チェロの三重奏にヴィオラを加えた形の四重奏曲で、これもまた、意表をついた珍しい編成です。両曲とも肩肘張らずにリラックスできる曲。ライブ録音ならではの躍動感です。

| | コメント (0)

いまどきのプロジェクター

NECインフロンティアのイベントに参加してきました。
地味な分野ですが、「イノベーション」を地で行く開発コンセプトに驚かされました。
顕在化されにくいニーズを先回りして解決している点もさすがです。

日本電気 高輝度DLPプロジェクター ViewLight XGA 3000ルーメン NP60J CE 日本電気 高輝度DLPプロジェクター ViewLight XGA 3000ルーメン NP60J

販売元:NEC
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆1.6㎏のモバイルボディに3000ルーメンの高輝度
☆オートフォーカス/自動台形歪補正の簡単セッティング
☆クイックパワーオフにより、冷却を待たずに即片付けが可能

プレゼンの場で実際に経験するプロジェクタに対する不満の多くが解決されています。
極端にいうと、コンセントを挿しただけでセッティング完了。終わったらスイッチ切って、バッグに押し込むだけというもの。

そして、こんなユニークなものも・・・

NEC DLPデータプロジェクター WT610J CE NEC DLPデータプロジェクター WT610J

販売元:NEC
Amazon.co.jpで詳細を確認する

超短焦点ミラー投影型のプロジェクターです。
わずか26センチの投射距離で60型のスクリーンサイズで投影できます。
スクリーン前のデッドスペースが無くなることのメリットは計り知れません。

| | コメント (0)

4日目の月


瀬戸川の土手から見た月と金星 (19:30頃)

金星に引っ張られるように沈んでゆくように見えます。

| | コメント (0)

我が家にも届きました!


「豪快な号外」

「TEAM GOGO!2007やいづ」の皆さん、ごくろうさまです。

夏至まであと3日。
我が家にも号外が届きました!

記事中より・・・

あとはコレさえやれば、
      地球温暖化は止まっちゃうリスト」

□買い物の時は「このままでいいです」とレジ袋を断り風のように立ち去ろう。
□毎日一個はゴミを拾って、そんな自分をほめたたえよう。
□お尻を拭く時、トイレットペーパーはちょっぴり短く使おう。
□宴会・パーティーは、マイ箸、マイカップ、マイ皿でゴミゼロに挑戦しよう。
□週に一度はミートレスの日を作り、肉絶ちに挑戦しよう。
□週に一度はテレビレスの日を作り、会話を楽しもう。
□週に一度はマイカーレスの日を作り、公共の交通機関を使おう。
□移動手段は歩いたり、自転車を使ったり、あいのりをしよう。
□お風呂は好きな人と電気を消してろうそくの灯で一緒に入ろう。
□シャワーの時間を毎日1秒づつ減らすゲームをひそかにしよう。
□買い物をする時、奥の賞味期限の新しいのを買わず手前から買おう。
□鼻水や手拭にはティッシュよりハンカチーフを使おう。
□スイッチ付きコンセントで待機電力をカットしまくろう。
□窓にすだれや緑(植物)のカーテンをして部屋を涼しくしよう。
□食べ残しをすると懐かしのもったいないおばけがでたらかなり怖いので完食しよう。
□エレベーターよりも階段登り好きになろう。
□買い物のおつりは恥ずかしがる自分をいとおしく感じながら募金しよう。
□冬は厚着をして暖房の温度を下げ、夏は部屋を「ここはサウナだ」と言い聞かせよう。

・・・できることから始めてみましょう。

TEAM GOGO! 2007

| | コメント (0)

朝焼け

朝焼け
藤枝市内より

| | コメント (0)

「豪快な号外」

070617_181601




















準備万端。
担当は藤枝市南部地域。
いよいよ配布します。

「豪快な号外」 ~ TIAM GO GO~
ギネスに挑戦!

夏至の日には、キャンドルライトの下、
この号外を読んで一人ひとりが出来ることを考えていただきたいと思います。

関連して・・・
070617_181701
















「電気を消して、スローな夜を。」

私達は「100万人のキャンドルナイト」を呼びかけます。
2007年の夏至の日、6月22日よる、8時から10時の2時間
みんなでいっせいに、でんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもよいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を
ある人は世界のいろいろな場所で生きる
人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。

それは人間の自由と多様性を想いおこすことであり
文明のもっとも大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、ただ2時間
でんきを消すことでゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上に広げていきませんか。

2007年、6月22日、夏至の日。よる8時から10時
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト


2006年6月22日 「100万人のキャンドルナイト」

| | コメント (6)

(本) 地球を殺そうとしている私たち / ティム・フラナリー著・椿正晴訳 (ヴィレッジブックス)

地球を殺そうとしている私たち Book 地球を殺そうとしている私たち

著者:ティム・フラナリー,椿 正晴
販売元:ヴィレッジブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本文より・・・

私たちが地球という惑星全体の運命を考える際には、何が危険にさらされているかをしっかり見極めなければならない。地球の平均気温は約15℃であり、今後の気温上昇をあと1℃に抑えるのか、3℃まで許容するのかによって、数十万種の生物と数十億の人間の運命が決まる。

気温の上昇が陸氷の融解を促し、海面上昇を引き起こすわけだが、こうした変化の進行速度を考える際には、下り坂の途中で前面を坂の基部に向けて静止している戦車を、乗用車で背後から押す場面を想像すると、どのようなことが起こるのかがよくわかる。重量のある戦車を動かすのは大変だが、いったん戦車が坂道を下りはじめれば、戦車の軌道を変えたいと思っても、乗用車にできる事はあまりない。戦車は、加速しながら坂道を一直線に下っていくだろう。

アル・ゴア氏の「不都合な真実」ではこのあたりの問題についてビジュアルで示されていましたが、視覚的なインパクトを優先したダイジェストであったのに対し、この本ではさらに深く踏み込んでタイムリーな情報に言及されています。

様々な情報がありますが、センスを磨いて独自の判断基準を持つことも大切だと思います。そういう意味で、一筋縄ではいかないこの問題が抱えているジレンマは、
こちらのブログも参考になります。

温暖化いろいろ ~JanJanBlogより~

| | コメント (0)

(演奏会) 藤枝市民吹奏楽団



藤枝市民吹奏楽団Charming Brass
第27回 定期演奏会
2007年6月17日 13:30開演

~プログラム~
【第1部】 指揮:渋谷美樹
アパラチアアン序曲/J.バーンズ 作曲
吹奏楽のための「土俗的舞曲」/和田薫 作曲
吹奏楽のための“フニクリ・フニクラ”狂詩曲/L.Denza作曲 Yo Goto編曲
さくらの花の咲く頃/真島俊夫 作曲

【第2部】 指揮:渋谷美樹
ジャパニーズ・グラフィティⅩⅠ「刑事ドラマ・テーマ集」 星出尚志 編曲
DISNEY AT THE MOVIES /J.Higgins 編曲
HEY JUDE /M.Sweeney 編曲
明日に架ける橋 /Eiji Suzuki 編曲
ウエスト・サイド・ストーリー セレクション /W.J.Duthoit 編曲
※アンコール:行進曲「美中の美」


今回はお手伝いということで、20年前に団員としても在籍したことのある藤枝市民吹奏楽団のステージに参加してきました。

かねがね思っていることですが、これだけ歴史のある素晴らしいバンドが隣町である大井川町で演奏会を開かねばならない状況は考えものだと思います。これだけのイベントが藤枝の中心街で出来ないというのはふさわしい会場が藤枝市内に無いということでもあります。市民バンドだけでなく、いくつかの素晴らしい学生バンドが隣町である焼津市で演奏会を開かなければならない状況も同じ問題だと思います。こういった状況が本当に歯がゆく感じます。藤枝市がスポーツだけでなく、文化面にもせめて周辺の地域並に投資出来ればと思ってしまいます。(余計なお世話かもしれませんが、ほんとうに「もったいない」話だと思います。)

| | コメント (0)

(CD) アルゲリッチ&マイスキー 「イン・コンサート」

Uccg1216








イゴール・ストラヴィンスキー
イタリア組曲 (バレエ《プルチネルラ》から)
~チェロとピアノのための~ 編曲:グレゴル・ピアティゴルスキー

セルゲイ・プロコフィエフ
チェロ・ソナタ ハ長調 作品119

ドミトリ・ショスタコーヴィチ
チェロ・ソナタ ニ短調 作品40

ワルツ (バレエ《石の花》作品118から
~チェロのピアノのための編曲:
グレゴル・ピアティゴルスキー/スヴャトスラフ・クヌシェヴィツキー

ミッシャ・マイスキー(チェロ)
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)

イタリア組曲はストラヴィンスキーが小編成オケと「歌とパントマイムを伴うバレエ」のために書いた、バレエ組曲《プルチネルラ》がもとになっています。もともと古風な響きが素晴らしい曲ですが、よりシンプルにアレンジされています。ストラビンスキーというと、どうしても大編成のオケのスペクタクルなイメージが先行しがちですが、この演奏を聴くと音楽そのものの造りがかなり洗練されていることがわかります。

| | コメント (0)

(CD) ムソルグスキー 《展覧会の絵》ほか /岩城宏之:指揮 オーケストラアンサンブル金沢

61sajjb25hl












ムソルグスキー(1839~1881)
組曲《展覧会の絵》 (ジュリアン・ユー編曲[2002年])

プロコフィエフ81891-1953)
交響曲 第1番 ニ長調 作品25 《古典交響曲》

オーケストラアンサンブル金沢
指揮:岩城宏之

聴き所はなんといってもジュリアン・ユー編曲の《展覧会の絵》です。
腕利きの小編成オーケストラのためにアレンジされたこの曲は、まさに「21世紀の《展覧会の絵》」と言ってしまっても良いと思います。ジュリアン・ユーはオーストラリア在住ですが、北京出身というだけあって、響きにはどこか中国音楽っぽい雰囲気が漂います。打楽器群の使い方もかなりユニークで、おびただしい数にのぼるこの曲のアレンジの中でも全く聴いたことの無い新しい音楽が楽しめます。管弦楽アレンジでは冒頭のプロムナードはトランペットで演奏されることが有名ですが、この部分がよりによってヴィオラに割り当てられていることから始まって、聴き手の裏をかく意表をついたアレンジになっています。

| | コメント (0)

(CD) Farkas: Complete Wind Quintets 

Farukasyu














Ferenc FARKAS / Complete Wind Quintets

ファルカシュの管楽アンサンブルの全集。「ばりうむ・ぷろじぇくと」のオーボエ氏からの宿題?です。いつもありがとうございます。

聴いたことがあるのはお馴染みの「古代舞曲」だけでしたが、木管五重奏をベースに、それぞれメゾ・ソプラノ、コントラバス、ヴァイオリンをフューチャーしたレパートリーが含まれており、ファルカシュのこのジャンルにかける思い入れが感じられます。ハンガリーの色彩感あふれる音楽でなかなか聴き応えがあります。奥が深そうなディスクなので、しばらく楽しめそうです。

| | コメント (0)

(本) デジタルメディア・トレーニング / 富田英典・南田勝也・辻泉 :編 (有斐閣選書)

デジタルメディア・トレーニング―情報化時代の社会学的思考法 Book デジタルメディア・トレーニング―情報化時代の社会学的思考法

販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

デジタルメディアを敵と見なすか、味方とするか。中立で傍観するのではなく、あえて敵として否定してみる。味方と捉えて来たる未来に備える。そのように両方からの見方をしながら積極的に自分のスタンスを決めてデジタルメディアと折り合いをつけていく必要がありそうです。さもなくば、操作され、ブラックボックス化されたデジタルメディアに利用されるだけになるということを意味するようです。「世の中の変化はブラックボックス化されている」という表現には考えさせられました。

| | コメント (0)

(リハーサル) 藤枝市民吹奏楽団

2007年6月17日(日)
藤枝市民吹奏楽団「第27回定期演奏会」
大井川町民文化会館 ミュージコ
※前売券500円/当日券700円 (小学生無料)

いよいよ明日です。

ご縁をいただけるというのはありがたい事で、頼まれごとをありがたく引き受けているうちに、気付いたら毎週本番というありさまです。会場の仕込みは午前中からですが、ばりうむ・ぷろじぇくとのリハーサルが静岡市内で入っていたため、17:00の練習終了後、東名を飛ばして牧之原市経由で所用を済ませて18:30の大井川町ミュージコの会場入りというせわしなさ。このところベルトコンベアーに乗せられているような状態です。せめて演奏面で迷惑をかけないようにしなければなりません。

演出を含めた進行のすべてを一通り通した後、細かい部分のチェックを済ませました。
あとは本番を待つばかり・・・。

| | コメント (0)

(練習) ばりうむ・ぷろじぇくと

来週の遊庵コンサートに向けての最後の練習でした。
場所は静岡市駿河区の大里公民館です。

練習曲・・・

ロミオとジュリエットより / プロコフィエフ
管楽六重奏曲 「青春」より 第1楽章 / ヤナーチェク
火祭の踊り / ファリャ
カルメン組曲より / ビゼー
ほか

前回のコンサートの反省をふまえ、プログラムのボリュームは軽めになっています。

共催のKBCクラリネットアンサンブルさんが、癒しのプログラムをやっていただけるようなので、「ばりうむ」は心置きなく「屈折したドロドロ路線」でやらせて頂きます。

ばりうむ・ぷろじぇくと HP

| | コメント (0)

「無重力の日」 6月16日

6月16日は「ム・ジュウ・リョク」ということで、「無重力の日」なんだそうです。

「ふ~ん・・・」で終わってしまいそうなところですが、制定したのが北海道の上砂川町という片田舎?の町ということで、色々調べてみました。

無重力状態を作り出すには・・・

①無重力空間である宇宙空間に行く
②ロケットや超音速機などによる弾道飛行による無重力状態
③自由落下による無重力状態

の3つの方法がスタンダードなようで、実は北海道の北砂川町には世界最先端の技術による自由落下の実験装置があるようです。その特徴は・・・

①全長710m 
②滑らかな減速 
③高精度の無重力状態 
④充実した実験環境
⑤大きな実験装置搭載容量 
⑥万全なユーザーサポート体制

10秒間の無重力体験にかかる費用は一回で270万円!!!
主にNASAや研究者が得意先のようですが、
高いのやら安いのやら・・・。

ロシアのミグ戦闘機による弾道飛行はもうちょっとお値段高めで、実際宇宙空間からの地球を眼下に見ることが出来るようです。観光目的ならこちらですね。

→くわしくはこちら・・・
地下無重力実験センター

| | コメント (0)

夕焼け

夕焼け
19:15 近所の川の土手より

| | コメント (0)

コンビニにて

コンビニにて

最近新しく出店した近所のコンビニにて。

店の入り口に、飼い犬用の「リード・フック」が・・・。

痒いところに手が届くサービスですね。

| | コメント (2)

ピストバイク

ペダル ピストバイク・ムーブメントin NY DVD ペダル ピストバイク・ムーブメントin NY

販売元:アップリンク
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※ペダル ピストバイク・ムーブメント in N.Y (日本語版サイト)

ザ・ピストバイク・バイブル―全世界FIXED RIDER必見! Book ザ・ピストバイク・バイブル―全世界FIXED RIDER必見!

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知り合いからそそのかされて最近気になっているピストバイク・・・。
従来の自転車に付いているような「ブレーキ」がないため、交通法規上は公道を走れないようになっていますが、なぜか惹かれるものがあります。五感をフル活用して、先読みしないとスムーズに走れない不便さが逆に魅力的だったりします。

※ピストバイク YouTube動画

| | コメント (0)

新月のアファーメーション

6月15日 12:13 新月に入ります。今回の新月はふたご座方向にあり、知性やコミュニケーションに関わる願い事にパワーが得られるようです。

メルマガ 「新月のアファーメーション」
※よかったらお試しを・・・。

| | コメント (0)

浜松ぎょうざ 丸和商店

今日は仕事で浜松方面へ・・・。

ついでに、ご当地グルメブームで最近盛り上がっている「浜松ぎょうざ」。
同僚に頼まれて、丸和商店さんでGETしてきました。

070614_143901










浜松市内でも人気の丸和商店さん。
梅雨入りの雨の中、平日というのにもかかわらず行列が・・・・。
どの方も友人知人に頼まれてか、たくさん買われています。

1箱60個以上入って1,000円と激安なのも人気の理由ですね。
持ち帰った「ぎょうざ」はとりあえず冷凍庫へ。
週末は餃子三昧です。

※静岡B級 ご当地グルメ 「浜松餃子」 ~アット・エス~

| | コメント (0)

梅雨入り




玄関の桔梗の花が咲きました。
ここ東海地方もやっと梅雨入りです。
晴れの日には外のことを、
雨の日には内のことを・・・。
晴耕雨読のスローな感覚を大切にしたいものです。

| | コメント (0)

朝焼け

朝焼け
瀬戸川河口より

| | コメント (0)

(本)しらべる力をそだてる授業! / 赤木かん子・塩谷京子 (ポプラ社)

しらべる力をそだてる授業! Book しらべる力をそだてる授業!

著者:赤木 かん子,塩谷 京子
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

著者のひとりである塩谷京子氏は静岡市立森下小学校で司書教諭をされています。教育現場で、授業と図書館を結びつけるのが彼女の仕事です。現場での教師自身の無知や、図書室の現場や公立図書館の、子供の利用に対するノウハウの無さなどの現実にぶつかりながら、児童文学評論家の赤木かん子氏との出会いでユニークな授業を展開する様子が紹介されています。この本を読むと、安易にインターネット検索や、公立図書館のレファレンスを利用させる前に、書籍を利用した情報検索の基本を知ることが、いかに重要かがわかります。

| | コメント (0)

(本) あなたが世界を変える日 ~12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ /セヴァン カリス=スズキ (学陽書房)

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ Book あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

著者:セヴァン カリス=スズキ
販売元:学陽書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓伝説のスピーチの動画はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg

このスピーチ自体はネット上の動画が話題となり、静かなブームを呼んでいます。映像は1992年、リオデジャネイロでの環境サミットで12歳のセヴァン・スズキが居並ぶ各国の指導者を前に6分間の堂々のスピーチを収録したものです。このスピーチは即反響をよび、彼女はそれ以来世界中で講演を続けています。15年たった現在も地球環境をとりまく現実は変わっていません。このタイミングで辻信一氏の翻訳によって読みやすい絵本になったことも、いよいよ機が熟したような気がします。

http://www.sloth.gr.jp/tsuji/
※辻信一氏のサイト

http://www.sloth.gr.jp/top/top.html
※「ナマケモノ倶楽部」

| | コメント (0)

夕暮れ



一日中ドタバタ・・・。

ひと段落して、海岸沿いの道路からの夕陽です。
鈍色の雲も風情がありますね。

静岡県地方も明日には梅雨入りのようです。

| | コメント (0)

(本) 小商人のすすめ /長勝盛 (現代書林)

小商人(こあきんど)のすすめ―小さな成功で大きな幸せ! Book 小商人(こあきんど)のすすめ―小さな成功で大きな幸せ!

著者:長 勝盛
販売元:現代書林
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「そこそこの成功」とは、年収3,000万円くらいとのこと。
何十万人に1人といった「億万長者」ではなく、誰にでも可能なそこそこの成功こそが、「小商人」なのだとか・・・。著者自身の宝石商としてのスーパーセールスの経験談は「誰にでも可能なそこそこの成功」とは言いがたい現実離れしたもののように感じなくもありませんが、「自分の才覚を活かす」「まず自分が幸せであること」「お客様に惚れる」「商売と恋愛は同じ」といったアプローチはどの世界にも通じることだと思います。

| | コメント (0)

今年の夏は猛暑?

本当ならこの時梅雨前線は東北地方まで北上しているのが普通のようですが、梅雨前線が九州付近で停滞しているようで、今年の夏は渇水への備えが呼びかけられています。そんな中、さらに梅雨明けを早める要因が・・・。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2007061100605
※時事通信ニュースより

南米ペルー沖の海面温度が下がり、強い貿易風が吹くことで、ここ日本では夏の暑さが厳しくなるという「ラニーニャ現象」が発生しているようです。海面温度が上がる「エルニーニョ現象」とは逆の現象のようです。詳しいメカニズムは難しくてよくわかりませんが、以前にも1997年から2000年にかけて、2005年から2006年にかけても発生しており、やはり深刻な猛暑が記録されたのは記憶に新しいところです。地球温暖化はこんなところにも現れているようです。

http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/clmrep/sst-ano-global.html
※月平均海面水温平年偏差図 (気象庁HPより)

| | コメント (0)

猫の笑顔

「ありがとう」 ~ころりんさんのブログより

ぜひ、ご覧下さい!!
きっと癒されますよ♪

| | コメント (0)

(本)デザイン思考の道具箱 / 奥出直人 (早川書房)

デザイン思考の道具箱―イノベーションを生む会社のつくり方 Book デザイン思考の道具箱―イノベーションを生む会社のつくり方

著者:奥出 直人
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

IDEO、スタンフォード大のDスクール、iPod、P&G、GEなどの実例に見るデザイン思考の企業戦略の実例集です。ゴーン氏による、日産の組織のリストラ策を中心とした再生策は、この本の中では「企業の再構成」という伝統的な手法であり、1980年代以降のデフレ下でこそ効果のあった方法であると指摘しています。技術や知識がありふれたものとなると(コモディティ化)、企業の競争力を決めるのは「創造性」「デザイン思考」という事になってくるようです。地球環境を考えた戦略に転換しつつ、利益を確保しているアメリカの伝統企業が意外にも多いことにも驚かされます。

| | コメント (0)

(本) ハチドリのひとしずく /辻信一 (光文社)

ハチドリのひとしずく いま、私にできること Book ハチドリのひとしずく いま、私にできること

著者:辻 信一
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げていきました
でも クリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」

・・・マイ箸を使ってみる。燃費の良い車に乗る。エコ商品を選択する。
小さなことですが始めています。

「微力と無力は違う」・・・
中村文昭さんの講演会で聞いた、てんつくマンさんのメッセージです。

夏至の日の号外のプロジェクトに、微力ながら参加させて頂きます。

http://www.ohmynews.co.jp/news/20070516/11202
※ニュースリリース 夏至の日に3000万部の「温暖化防止“号外”」発行

http://teamgogo.net/
※TEAM GO GO!2007 公式サイト

| | コメント (0)

夕焼け


瀬戸川緑地にて

| | コメント (0)

パーソナル・トレーニング

「サンライフ焼津」で恒例のパーソナルトレーニングです。

身長       178.5cm         (0.7cm増)
体重        69.0㎏     (1.5kg減)
体脂肪率     13.9%     (3.2%減)
基礎代謝量  1,640kcal     (7kcal減)
内臓脂肪レベル    5       (1ポイント減)
骨格筋率     36.9%     (1.6%増)
BMI        21.7      (0。6減)
体年齢      30歳        (4歳減)
柔軟性(立位)  15.5cm      (1cm減)       
背筋力      200㎏               (変わらず)
握力(右)     50.1㎏     (2.5㎏増)
握力(左)     45.4㎏     (3.3㎏増)

ベンチプレスMAX測定 67.5Kg (2.5Kg増)

身長は半年振りの測定です。多少伸びていますが、朝晩の誤差範囲程度かと思います。他の項目はゴールデンウィーク以来の測定です。体重は1.5kg減とわずかながら、体脂肪はなんと3.2%の減です。内臓脂肪は測定を始めて始めての1ポイントダウン。逆に骨格筋率は1.6%の増ということで、体年齢も一挙に4歳分の若返りです。ベンチプレスも前回に引き続きMAX値を更新。こんなに良い結果が出ると次回の測定に向けての1ヶ月がプレッシャーになります。ともかく、いつも安易な方向に流れようとする僕に対して、適切な「追い込み」をかけてくださるトレーナーのMさんには感謝です。最近取り入れた腕立て伏せの効果が徐々に出ることを期待して、次回のベンチプレスMAX値測定はいよいよ「自体重越え」にチャレンジです。

↓サンライフ焼津↓
http://www15.ocn.ne.jp/%7Esunlife/

| | コメント (0)

(演奏会) 第46回 島田市民音楽祭 ~島田フィルハーモニー管弦楽団~



第46回 島田市民音楽祭
日時:平成19年6月10日(日)
午後1:00開場 1:30開演
主催:島田市音楽協会

【第1部】
①リバティー フルート アンサンブル
②島田マンドリン アンサンブル
③島田フィルハーモニー管弦楽団
④島田交響吹奏楽団(↓写真下↓)




【第2部】
①コール・シクラメン
②初倉コーラス 幹
③島田合唱団 どんぐり
④混声合唱団 島田ファミリー
⑤コラール・アミ
⑥グッドフェロー

リハ1回と当日本番前駆け込みで10分足らずの本番というせわしなさ・・・。今回は島田フィルのお手伝いとして出演してきました。曲目はベートーヴェンのエグモント序曲です。指揮は小澤保雄先生。島田フィルとは始めてのお手合わせになりますが、トランペット奏者でもある小澤先生とは、個人的には15年来のお付き合いです。この10年ほどは行き来がなかったものの、先生の指揮で吹いていると10年来の空白が感じられないから不思議です。

↓島田フィルハーモニー管弦楽団↓
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/9486/

| | コメント (0)

「美しい星」

地球温暖化対策に関する内閣総理大臣演説

美しい星へのいざない「Invitation to 『 Cool Earth 50 』
~ 3つの提案、3つの原則 ~
http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2007/05/24speech.html

総理、「美しい国」の次は「美しい星」ですか?

・・・何はともあれ、内容には感銘を受けました。
一読の価値はあります。

| | コメント (0)

(本) 外国人と一緒に生きる時代がやってきた!/河原俊昭・山本忠行 編 (くろしお出版)

外国人と一緒に生きる社会がやってきた!―多言語・多文化・多民族の時代へ Book 外国人と一緒に生きる社会がやってきた!―多言語・多文化・多民族の時代へ

販売元:くろしお出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本には、少子高齢化による社会保障制度の問題、世界的には人口増加による食糧問題などがあり、そんな中でとても考えさせられる本でした。「外国人と一緒に生きる」ということは多言語、多文化、他民族の時代に生きるということ。いつも通っているジムでも、時間帯によっては1/3くらいが外国人だったりします。日本人は大抵黙々とやっているのですが、彼らは仲間同士でポルトガル語で大盛り上がりでトレーニングをしていたりします。一瞬、ここはどこの国かと思ってしまうほどです。この地域には働き盛りの外国人労働者が多く、小中学校にもあらゆる国籍の子供が増えてきているようです。お互いに理解しあうことが大切ですね。

| | コメント (0)

(練習) 藤枝市民吹奏楽団

藤枝市民吹奏楽団の練習に行ってきました。来週が定期演奏会の本番ということで、ほぼ全部の曲の通し練習でした。曲によって、セクション毎のスタンドプレーなどの多少の演出が加わることになり、動きを含めた練習になりました。

昨今、一般の社会人バンドでも視覚的な効果を目的とした「動き」が取り入れられることが増えてきました。「お地蔵さん」のようにじっとして吹くのも変ですが、運動神経が鈍い僕としてはあまり動くのは正直苦手だったりします。このバンドは幸いベテラン世代が多いので?激しいアクションが無いことだけが救いです。

↓藤枝市民吹奏楽団HP↓
http://www2.tokai.or.jp/hanapo/fcb.htm

| | コメント (0)

遊庵にて・・・



今月、23日にミニコンサートに会場をお借りしている「遊庵」さんに、
出来上がったチラシを置きに行って来ました。

しばらく行ってない間に、なにやら仲間が増えているではありませんか。


今朝卵から孵ったばかりの矮鶏(ちゃぼ)の赤ちゃん


鳥骨鶏(うこっけい)君


名古屋コーチンです。美味しそう・・・
Images



そういえば、
そろそろお中元のシーズン

(・・・「冗談ですよ。名古屋コーチン君♪」)



2007年6月23日(土)14:00~
ばりうむ・ぷろじぇくと ~愛と憎しみの木管五重奏??!!
→喫茶 遊庵 (島田市阪本) ※入場無料
http://www1.odn.ne.jp/~caf68960/Barium_News.html
070609_120403










共演していただく「KBCクラリネットアンサンブル」のOさんが、
素晴らしいチラシに仕上げてくれました。

~~KBCクラリネットアンサンブル~~
ヘンデル: ラルゴ
サティ: あなたが欲しい
新井満: 千の風になって
ラヴェル: 「マ・メール・ロア」~パコダの女王レドロネット

~~愛と憎しみの木管5重奏??!!~~(ばりうむ・ぷろじぇくと)
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」
       ~モンタギュー家とキャプロット家
ヤナーチェク: 木管6重奏「青春」~第1楽章
ファリャ:「恋は魔術師」~火祭りの踊り
ビゼー: 歌劇「カルメン」~抜粋 他

「待ってま~す♪」

| | コメント (0)

(本) みんなのスッキリ!/上大岡トメ (幻冬社)

みんなのスッキリ! Book みんなのスッキリ!

著者:上大岡 トメ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

・肉まんが蒸し器で上手にふっくら蒸しあがったとき

・半身浴しながら本を読んでカクッと眠る

・腹筋だー!!

・全問正解する

・大きい器に残ったものを小さい器に移す

etc.

・・・あるある!!!
って感じです。

みんな一緒なんですね♪

| | コメント (0)

(CD) モーツァルト 協奏交響曲 他 /クレーメル(Vn)/カシュカシャン(Va)

モーツァルト:協奏交響曲


W.Aモーツァルト
協奏交響曲 変ホ長調 K.364 (320b)
ヴァイオリン協奏曲 第1番 変ロ長調 K.207
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ニ長調 K.211

ギドン・クレーメル (ヴァイオリン)
キム・カシュカシャン (ヴィオラ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ニコラス・アーノンクール
1983年10月① 1984年12月②③(ウィーン)

モーツァルトの協奏交響曲。管楽+管弦楽のものよりも、個人的にはこちらのヴァイオリン&ヴィオラ+管弦楽の方が好きです。一応伴奏役のオケの管楽パートの時折見せる名演奏も聴き所です。細部の響きは室内楽っぽくなっていて、2人のソリストとまさに掛け合っているあたり、さすがウィーンフィルです。

| | コメント (0)

スコール!?


夕暮れのひととき・・・・


あらら・・・?


あれ~?

わずか30分足らずの帰宅途中、天気がコロコロ変化・・・
天気予報の意味すら無くなっています。

| | コメント (0)

桃

桃
静岡市駿河区にて

| | コメント (2)

紫陽花

紫陽花

紫陽花
静岡市駿河区にて

| | コメント (0)

温暖化ガスを2050年までに50%以上削減、日本・EUが一致 ~G8サミット~

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/soumu/index.cfm?i=2007060603048b3
↑NIKKEI BIZ PLUS 知財・総務ニュースより↑

ひとつの手続きが踏まれた感があります。
2050年、そんなに先の話ではないと思います。

| | コメント (0)

(本) 眠りの達人 /時空出版:編 井上昌次郎:解説

Book 眠りの達人

著者:時空出版
販売元:時空出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

僕自身、日頃から「遅寝早起き」なので、「眠り」の質にはどうしてもこだわってしまいます。この本では、特殊な職業ゆえ、睡眠時間の確保に人一倍の工夫をされている方々の様々なアイデアが満載です。一般的にいわれている「眠りの常識」とは違った、かなり個性的なノウハウが具体的に紹介されています。

| | コメント (0)

向日葵

向日葵
焼津港にて

| | コメント (0)

芒種 ~二十四節気~

日の出
瀬戸川河口より

芒ある穀類、稼種する時也(暦便覧)

芒(のぎ)とは稲などの穀物の穂先にある棘のこと。昔から日本でもあらゆる種類の穀物が栽培されてきました。梅雨入り前のこの時期、そういった作物の種をまくことが「こよみ」として伝えられたようです。二十四節気はもともと中国の農事カレンダーであり、実際の日本では、苗までは別に育ててから水田に植えているので、「田んぼに種をまく」イメージではありません。同じアジアでも微妙に気候の違いがあるんですね。

・・・何事にも最初の「第一歩」があります。「第一歩」は、ときに穀物の種のように些細なものかもしれません。思うに、あらゆることには「第一歩」があったわけで、「第一歩」にはすでに完成された状態が反映されているのだと思います。今日6月6日は「邦楽の日」「楽器の日」「お稽古の日」「いけばなの日」でもあるようで、昔から芸事などは6歳の6月6日に始めると上達するといわれているのだそうです。

↓今日のこよみ↓
http://koyomi.vis.ne.jp/

| | コメント (0)

(本) ラテンの秘伝書 ~格差社会を生き抜く最後の切り札 /風樹茂:著 & サガー・ジロー:イラスト (東洋経済新報社)

ラテンの秘伝書―格差社会を生き抜く最後の切り札 Book ラテンの秘伝書―格差社会を生き抜く最後の切り札

著者:風樹 茂,サガー・ジロー
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なぜか最近、この出版社の本ばかり目につきます。

シュールなイラストが最高です。

※本物語における、社会経済情勢、労働慣習、恋愛、人間関係、生活様式、サッカー、盗難、カーニバル、鉄道事故などの状況は、すべて事実に基づいています。

・・・・というわけで、舞台は南米にある架空の国に突然駐在員として派遣された「エリート・ビジネスマン」の苦悩と挫折?の物語です。日本とは、ちょうど地球の裏側にあたり、時間も季節も生活様式もすべて「裏返し」のラテンの国での出来事は、なにか今の日本の歪みをことごとく示唆しているような気がしました。

「ケ・テ・バーヤ・ビエン!」
・・・「がんばれ」の対極にある別れの挨拶です・「いいことがあるようにね」ぐらいの意味です。つまり、人間の意志を放棄しています。日本でも、昔は「さらば」と別れました。「さ、あらばあれ」が古風な言い方で、英語風に言えば Let It Be です。でも明治から、特に戦後から、日本ではガンバリズムが主流になり、人の意志や努力をと尊び、別れる時にも、「じゃあ、がんばって」などと言います。

世界中でも努力を尊ぶような挨拶は希なんですね。

| | コメント (0)

日の出


4:40AM 浜当目海岸からの日の出

今日、6月5日は「地球環境デー」。1972年のこの日、国連人間環境会議が人類のために人間環境の保全と改善を目標とする「人間環境宣言」を採択したことを記念して設けられたそうです。明日からはハイリゲンダムでG8のサミットが開かれます。今回の焦点は、地球温暖化対策とアフリカ開発援助金問題のようです。

↓今日のこよみ↓
http://koyomi.vis.ne.jp/

| | コメント (0)

「エコ意識」に関する調査 ~インフォ・プラント~

先月、インターネット上で行なわれた意識調査の結果です。
サンプル数が1000人程度なので少ないような気もしますが、
「地球環境」に関するキーワードが満遍なく網羅されており、参考になります。

~TOPIXより~

■72%が「普段の生活で地球環境の変化感じる」
■エコなイメージの企業「トヨタ」「松下」
■「マイバッグは温暖化防止に有効だと思う」67%
■今後取り組みたいのは「包装」「ゴミ分別」「設定温度」
■有効性の認識に対して、実践度低い「設定温度」

※ info PLANT 「エコ意識に関する調査」2007年6月4日発表
http://www.info-plant.com/research/00391.html

| | コメント (0)

(本)究極のセールスレター / ダン・F・ケネディ著 神田昌典:監訳 斎藤慎子:訳 (東洋経済新報社)

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル Book 究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

著者:ダン・ケネディ
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

古典的ではありますが、あまりに効果のある手法なので悪用されるケースや、行き過ぎのケースが多い手法です。昔ながらのDM(ダイレクトメール)は、インターネットの普及により様々な形に変化しています。開封されずにゴミ箱に捨てられないための「アイキャッチ」のノウハウなどが、今ではPRメールなどにその場を変えています。日々押し寄せる鬱陶しいPRメールの中には、いかに開封を促すかといった工夫が見られます。手段は変わっても、ノウハウの原理原則は変わらないようです。

| | コメント (0)

(本) 田舎のちから ~人/資源/環境/交流~ 編著:高橋信正/金沢洋一 (昭和堂)

田舎のちから―人/資源/環境/交流 Book 田舎のちから―人/資源/環境/交流

販売元:昭和堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノスタルジーとしての田舎生活のススメではなく、環境問題や、高齢化・少子化の解決の糸口としての里山文化が紹介されています。IT技術の併用や、新しいマーケティングシステムなど、話題のキーワードやヒントが満載されていています。

| | コメント (0)

(CD) J・Sバッハ /リュート組曲・チェロ組曲(リュート版) /佐藤豊彦(バロック・リュート)

J・Sバッハ(1685~1750)
リュート組曲 ト短調 BMV995
②「リュート組曲 変ホ長調 」/編曲:佐藤豊彦
チェロ組曲第1番 ト短調 BMV1007より~

佐藤豊彦 (バロック・リュート)
1980年12月:オランダ、ハーレムにて録音(ステレオ録音)
PHILIPS PHCP-3961 (廃盤)

リュートの曲をよくよく聴くという機会もあまりありませんが、カップリングのチェロ組曲につられて聴いてみました。打鍵するピアノのメカニズムがまだ未熟だった当時、直接人の指が弦を弾く点でチェンバロなどよりも、繊細なニュアンスが表現できる点で、リュートはかなりメジャーな楽器だったのではないかと思います(憶測ですが)。この楽器の魅力に触れるには良い演奏ですが、チェロ組曲のほうはすでに出来上がってしまったイメージと掛け離れてしまっているので、人により好き好きの出るアレンジだと思います。

| | コメント (7)

(練習) 藤枝市民吹奏楽団

いよいよ定演も2週間後ということで、大洲スポーツセンターで行なわれた一日練習に参加してきました。

本当は、個人練習や、セクション練習など、午前中からの練習ですが、所用のため午後からの参加です。ほぼ当日と同じ進行で、同じ時間帯での通しリハーサルとなりました。

色々な団体の演奏会にお手伝いとして参加するのですが、前日の「ゲネプロ」も含めて本当の意味での「通し練習」は意外と無いように思います。前日、下手をすると当日まで曲の細部の練習をしてしまうケースが意外と多いような気がします。司会の間合いも含めて、当日の時間配分をほぼ正確にシュミレーションできると、当日もかなり余裕を持って望めると思います。このバンドは主要メンバーや、進行の裏方のほとんどが長年続けているベテラン団員なのですが、こういった基本的なことをおろそかにしない姿勢は素晴らしいと思います。

↓藤枝市民吹奏楽団↓
http://www2.tokai.or.jp/hanapo/fcb.htm

| | コメント (0)

季節の花





玄関に飾った「あじさい」。

本当は庭にたくさんあると風情なのですが・・・。

| | コメント (0)

(本) セミプロ農業が日本を救う / 大澤信一 (東洋経済新報社)

セミプロ農業が日本を救う―成熟化社会を先導する「農」の新たな役割 Book セミプロ農業が日本を救う―成熟化社会を先導する「農」の新たな役割

著者:大澤 信一
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

従来の農業が農協を中心に広範囲の流通を担ってきたのに対し、新しい農業の形態として、「直販ルート」で生産者と消費者を携帯POS端末などのIT技術を駆使して、半径数十キロの商圏にダウンサイジングするというビジネスモデルが脚光を浴びています。意識の高い生産者と消費者が直結しネットワークするこのシステムは、あらゆる分野で21世紀の主流のスタイルになるような気がします。

↓愛媛県内子町の事例↓
http://www.jri.maff.go.jp/jirei/doc/2004/507/026.html

↓NTT西日本HPより↓
http://www.ntt-west.co.jp/news/0301/030121.html

| | コメント (0)

復活♪



20年近く使ってきたメーニッヒ社製の834MA/F・Bbフルダブルホルン。あまりに老朽化が激しいので一年前にリペアに出し完全復活していたのですが、ちょうど同時期、一年前に購入したセミダブルホルンがあまりに調子が良いためそちらに浮気し、出番を失っていました。室内楽や吹奏楽には明瞭な音色のセミダブルが良いのですが、オケなどの重厚な音色が求められる場面ではやはりこちらのモデルに軍配が上がります。音色が「ぺらぺら」になっているような気がする今日この頃・・・。初心に返ってこの楽器でエチュードをさらっていくことにします。

| | コメント (0)

(練習) 藤枝市民吹奏楽団

今月の17日に予定されている、定期演奏会に向けての定例練習に行ってきました。指導は指揮者の渋谷美樹氏です。

練習曲

吹奏楽のための土俗的舞曲 / 和田薫
フニクリ・フニクラ ラプソディー / L.Denza
アパラチアン序曲 / J.バーンズ
他・・

「土俗的~」にしろ「フニクリ~」にしろ、やたら凝った造りの曲です。作曲者・編曲者の意図がどこまで演奏に反映できるかが勝負です。

本番も近いので練習も大詰め。
明日の一日練習が最後のまとまった練習になりそうです。

↓藤枝市民吹奏楽団HP↓
http://www2.tokai.or.jp/hanapo/fcb.htm

| | コメント (0)

夕暮れ

夕暮れ
瀬戸川より 18:40

| | コメント (0)

(演奏会) 静岡フィルハーモニー管弦楽団 第30回定期演奏会





2007年6月2日(土)15:30~
静岡フィルハーモニー管弦楽団
第30回定期演奏会
→静岡市民会館大ホール ※全席自由2000円(小中高生1000円)
http://www6.ocn.ne.jp/~shizphil/

~PROGRAM~

P.Iチャイコフスキー (1840~1893)
ピアノ協奏曲 第1番 変ロ長調 作品23

G.マーラー
交響曲 第5番 嬰ハ短調

黒岩英臣 指揮
静岡フィルハーモニー管弦楽団
ピアノ 黒岩悠①
ホルン 福村友希子②

今回は降り番だったので、久々に客席からの観覧となりました。30周年という事もあり大曲への挑戦でしたが、ホルンパートにとっては難曲ぞろいです。ゲストの福村友希子氏によるオブリガートホルンに刺激を受けて、ホルンセクションもいつも以上に素晴らしい演奏が出来ていたように思います。

| | コメント (4)

(本) 究極のマーケティングプラン / ダン・S・ケネディ著/神田昌典監訳/斎藤慎子訳 (東洋経済新報社)

究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル Book 究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル

著者:ダン・ケネディ
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

監訳者の欄に尊敬する神田昌典氏の名前を見て、期待度200パーセントで一気に読んでしまいました。内容的にはかなりアメリカンな内容でした。それを「シンプル」とも言うのかもしれませんが。顧客本位のマーケティングの真髄は「メッセージ」の共感にあります。受け手の感動があって始めて成り立つ音楽や絵画の世界と同じですね。伝えるべき「価値」の確立がまず先であるということだと思います。

| | コメント (2)

祝 大量受注!!

三菱重工がアメリカで788基の風力発電装置を受注したとか・・・。

↓三菱重工HP↓
http://www.mhi.co.jp/power/wind/

2009年までの納入分で、総発電出力は136万キロワット。
日本国内の風力発電設備の出力合計に匹敵するそうです。
受注総額も2,000億弱!!!

アメリカの風力発電設備は、すでに1163万キロワットが稼動しており、現在も年間245万キロワットが新規に導入されているとか。米政府の優遇税制などの延長策もあり、今後もまだまだ伸びる可能性のある分野のようです。

それにしても三菱重工もすごい。戦艦武蔵の建造や、ゼロ戦の製造など、伝統の技術の裏づけがあるとはいえ、この営業力。たいしたものです。

| | コメント (0)

(本) 図書館はまちの真ん中 ~静岡市立御幸町図書館の挑戦 /竹内比呂也・他 (勁草書房)

図書館はまちの真ん中―静岡市立御幸町図書館の挑戦 Book 図書館はまちの真ん中―静岡市立御幸町図書館の挑戦

著者:竹内 比呂也
販売元:勁草書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつもお世話になっている静岡市立図書館。中でも御幸町図書館は一番新しい図書館です。以前はそれぞれの図書館が単館で成り立っていましたが、今では市内の図書館がすべてひとつのネットワークになっており、とても便利です。それでもそれぞれの図書館の蔵書には個性があり、御幸町図書館はSOHOビジネスの支援で抜きん出ています。図書館というとアナログをイメージしがちですが、今の図書館は、IT化で以前とは比べ物にならないほど便利になっています。現場の試行錯誤が見えて面白い一冊でした。

静岡市立御幸町図書館のビジネス支援サービス (文部科学省HP)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/houkoku/06040715/002.htm

| | コメント (0)

(CD) モーツァルト / ピアノ三重奏曲 第1・2・3番 /ピリス(Pf)/デュメイ(Vn)/ジャン・ワン(Vc)

P1_a2043402w








ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト
①ピアノ三重奏曲 変ロ長調 K.502 (第3番)
②ピアノ三重奏曲 ト長調 K.496 (第2番)
③ピアノ三重奏曲 変ロ長調 K.254 (ディヴェルティメント)(第1番)

マリア・ジョアン・ピリス (ピアノ)
オーギュスタイン・デュメイ (ヴァイオリン)
ジャン・ワン (チェロ)

ピリスとデュメイのデュオに中国人のジャン・ワンを加えたトリオ。先に録音されているブラームスの三重奏曲と合わせて、こちらも素晴らしい演奏です。これからの時期ならブラームスよりもモーツァルトですね。このカテゴリーは音量が一定なのでドライブのBGMに最適。ボリュームは絞り気味が良いと思います。

| | コメント (0)

日の出

日の出
浜当目海岸より

今年も残すところ・・・
もう、残りの日々の方が少なくなっていくんですね。
今日は6月1日。キリが良いので色々な記念日になっているようです。

衣替え
気象記念日
写真の日
真珠の日
人権擁護委員の日
氷の日
万国郵便連合再加盟の日
NHK国際放送記念日
電波の日
ネジの日
チーズの日
マリリンモンローの日
TUBEの日
チューインガムの日
バッジの日
梅の日
麦茶の日
防災用品点検の日
スーパーマンの日

↓出典元↓
http://koyomi.vis.ne.jp/
こよみのページ

ちなみに今夜は16夜の「満月」です。
田植えもひと段落ですが、早くも麦は収穫の時期。
七十二候では「麦秋至る」というようです。
山の竹も笹の葉を風に散らしていますが、
昔の人は「竹秋」といって、風流を感じたようです。

| | コメント (0)

(本) 「そ・わ・か」の法則 / 小林正観 (サンマーク出版)

「そ・わ・か」の法則 Book 「そ・わ・か」の法則

著者:小林 正観
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

~神様に好かれるための3つの法則~

①そ・わ・かの「そ」 ~掃除でお金が流れ込む
②そ・わ・かの「わ」 ~笑いは人生を肯定する
③そ・わ・かの「か」 ~感謝の持つすごい力

『般若心経』の最後の部分は「菩提娑婆訶」(ボジソワカ)だそうです。この「娑婆訶」とは、本来「事が成る」とか、「事が成就せり」といった意味で、600巻にもおよぶ仏教の経典の最後を締めくくっているわけですが、この本では正観さんのユーモアと、洒落を込めて、「そ・わ・か」の法則として、生活に役に立つアイデアが紹介されています。とりあえず、「すぐにとりかかれる幸せを呼ぶ方法」を求める人には「そ・わ・か」の法則の実践が役に立つようです。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »