« ウォーキングコースより | トップページ | 日の出 »

マヨネーズの値上げは循環型エコ社会の歪み?

http://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2007_new.html
キューピー ニュースリリースより

将来にわたってすべての燃料需要が化石燃料由来ではいけないわけですから、こういった一現象も時代の必然かと思うのですが・・・。それとも、文明の利便性を捨てますか?

特にこの10年間の食用油の価格高騰が直接の引き金とされていますが、原料であるコーン油の値上げ幅は原油の値上げ幅とたいして変わりません。過去17年間価格を据え置き続けた企業努力の背景としての、原油価格の高騰、円安の影響、今後のインフレ懸念といった複合的な要素が取り沙汰されず、ただただ「バイオエタノールの需要増による歪み」といったニュアンスを強調する大手マスコミの論調には不自然な意図を感じずにはいられません。缶入り清涼飲料水や、タバコ、酒類の値上げの後にやってきた「マヨネーズ」の値上げ。むしろ今まで価格を据え置き続けた企業努力こそ評価すべきだと思います。

|

« ウォーキングコースより | トップページ | 日の出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォーキングコースより | トップページ | 日の出 »