« (練習)焼津市民吹奏楽団 | トップページ | 結婚記念日 »

心の月

満月が近づくと気持ちがソワソワ・・・。

今日は日没前のまだ明るい内、東の空に昇る月を楽しみにしていたのですが、あいにくの天気です。菜の花と桜と丸い月が同時に見られるのは風情のあるものですが、残念。

昔の日本人は、そんな見えない月もまた風情という風流を心得ていたようです。

いかでわれ 清く曇らぬ 
       身になりて 心の月の 影をみがかん
(西行)

花はさかりに、月はくまなきをのみ見るものかは。
 雨に向かひて月を恋ひ、たれこめて春の行方知らぬも、なおあわれに情ふかし

                          (吉田兼好『徒然草』より)

日本はそもそも、目に見えないものをこそ、大切にする文化なんですね。

|

« (練習)焼津市民吹奏楽団 | トップページ | 結婚記念日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。