« ホルン練習日記 | トップページ | (本)大予測 日本の3年後、5年後、10年後/日本の未来研究会編(講談社) »

(本)あたたかいお金「エコマネー」/加藤俊春(日本教文社)



昨年ぐらいから気になっている分野です。
(以下、斜体は本文より引用)

「21世紀の幸せの方程式」は・・・
幸せ=(お金で買えるモノから得られる価値+エコマネーを通じて得られるお金で買えない価値)÷(人間がもっている欲求)

エコマネーの出発点は、今のお金の代替物をつくろうというのではありません。信頼に基づく新しいコミュニティを創造しようという、より発展した未来志向のものです。
~中略~
エコマネーは、ボランティア経済を対象にして、信頼関係により流通します。

ボランティア経済
お金で表しにくい環境、福祉、教育、文化等の領域

信頼関係
同等のサービスが自分に戻ってくる“請求権”を獲得するという債務関係とは異なり、メンバーの信頼の醸成によって処理する

初めて聞く人にとってはイメージしにくいかもしれませんが、
北海道の栗山町での導入の事例も紹介されています。
http://ascii24.com/ascii24.com/news/i/topi/article/2000/04/24/608539-000.html

http://www.syakaijin.com/ecomoney/yume.html
↑こちらは富山県の事例↑
・・・エコマネーは江戸時代にあった「藩札」に似ているという視点がユニークです。

似たものは海外にも既にありますが、これらの具体的な事例は、循環型の江戸時代の手法が現代のIT技術との融合で、これからの世界を変える流れにも発展しうる日本発の世界に誇るアイデアだと思います。

|

« ホルン練習日記 | トップページ | (本)大予測 日本の3年後、5年後、10年後/日本の未来研究会編(講談社) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。