« (本)金持ちと父さんの学校ではえてくれないお金の秘密/ロバート・キヨサキ+シャロン・レクター/白石美保子訳(筑摩書房) | トップページ | (練習)焼津市民吹奏楽団 »

(本)受験エリートがビジネスエリートになる~格差社会を勝ち抜く「超」勉強法

受験エリートがビジネスエリートになる―格差社会を勝ち抜く「超」勉強法

タイトルが妙に気になり読んでみました。
共感はできませんが、多くの気づきがありました。

本書は、原則的に、大学受験で合格した際にはエリート、あるいは受験「勝ち組」と言われた人、原則的に言えば、旧帝大といわれる国立大学や東京工大、一橋大学などの単科大学(厳密な意味で単科大学ではないが)のトップ校、あるいは早慶や同志社大のような私立の一番手校の卒業生を対象に書かれた本である。つまり、それに該当する人たちが、どのように自分の能力を引き出し、受験の「勝ち組」を世の中の「勝ち組」につなげていくかを考えるためのものだ。(まえがきより)

この時点で、対象読者から外れてしまっている僕ですが、今の世論の中、以外にこういったストレートな「正論?」を唱えた本は少ないと思います。いえる事は、どんな階層にいる人でも、今までの常識は通用しないゾーンに入ってきているということです。「分析→仮説→検証が問題解決」とか、「時間管理のポイントは計画立てにあり」って、対象読者はこんな情報を必要としているのでしょうか?感じる違和感は今のところ自分なりの落としどころがありませんが、ありそうでなかった路線の本で、ユニークでした。

|

« (本)金持ちと父さんの学校ではえてくれないお金の秘密/ロバート・キヨサキ+シャロン・レクター/白石美保子訳(筑摩書房) | トップページ | (練習)焼津市民吹奏楽団 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。