« (本)遺伝子が解く!万世一系のひみつ /竹内久美子 /(文藝春秋) | トップページ | 日の出 »

(CD)ヒンデミット作品集2 /モスクワ現代音楽アンサンブル

ヒンデミット作品集(2)

パウル・ヒンデミット

室内音楽 第2番 作品36-1
  ユーリィ・カス・パーロフ (アートディレクター)
  アレクセイ・ヴィノグラードフ (指揮)
  ヴィクトール・ヤンポリスキィ(ピアノ)
  モスクワ現代音楽アンサンブル

室内音楽 第3番 作品36-2
  ユーリィ・カス・パーロフ (アートディレクター)
  アレクセイ・ヴィノグラードフ (指揮)
  ナタリーヤ・サーヴィノヴァ(チェロ)
  モスクワ現代音楽アンサンブル

八重奏曲
  オレスト・シュルゴット(ヴァイオリン)
  セルゲイ・チシチェンコ(ヴィオラ1)
  イリーヤ・ウスペンスカヤ(ヴィオラ2)
  ナタリーヤ・サーヴィノヴァ(チェロ)
  イーゴリ・ソローキン(コントラバス)
  オレグ・タンツォフ(クラリネット)
  アレクサンドル・ラーエフ(フレンチホルン)
  ヴァレーリィ・ポポフ(ファゴット)

「室内音楽」は技術的に高いレベルにある管楽器奏者の個性のぶつけ合いといった感じ。同じパッセージを演奏していても、お互いが迎合することなく、ある意味聴き心地の悪さを感じます。「八重奏曲」はシューベルトの「名曲」と同じスタンダードな編成のもの。対比的に一緒に演奏したら面白いかも。1950年代初演のヒンデミットの八重奏は、当時の社会背景がわりとイメージできてしまうので、現代音楽とはいえ、ある意味「古さ」を感じてしまいます。同士を集められれば(←これが難しい)、ぜひセットでチャレンジしてみたい曲です。

|

« (本)遺伝子が解く!万世一系のひみつ /竹内久美子 /(文藝春秋) | トップページ | 日の出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。