« 江戸彼岸 | トップページ | ココログのバージョンUP »

(CD)ラモー/サンフォニー・イマジネール/レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル

883













ジャン・フィリップ・ラモー(1683~1764)
「サンフォニー・イマジネール」(空想の管弦楽曲)

レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル(オリジナル楽器使用)
指揮:マルク・ミンコフスキ
録音:2003年6月 ポワシー劇場でのライヴ・レコーディング

300年も昔のラモーの古典的な音楽が、今世紀に入ってから脚光を浴びているようです。フランスをはじめ、全世界的にラモーのオペラが上演され、舞踏の分野でも伝統的な古典舞踏としてだけでなく、現代のコンテンポラリーダンスから、ヒップホップやブレイクダンスにまでアレンジされているとか。確かに、聴いているだけで、不思議と「血湧き肉踊る」感覚があります。この作品集でも個々の曲目につけられたサブタイトルがまさにイマジネーションを駆り立てます。

|

« 江戸彼岸 | トップページ | ココログのバージョンUP »

コメント

あ゛~
これ聴きたい。
ダビングさせて~

投稿: ぼえ | 2007年3月29日 (木) 23:35

了解♪

用意をしておきますよ。

投稿: ろば君 | 2007年3月30日 (金) 07:30

この記事へのコメントは終了しました。

« 江戸彼岸 | トップページ | ココログのバージョンUP »