« ウォーキングコースから | トップページ | (本)粗食は生きること/幕内秀夫(講談社) »

(本)自然はめぐる/鶴都留とおトイレ研究班(さつき書房)

061208_100602_1














「トイレ」を考えることは、「地球環境」を考えること。
その昔、人がまばらに住んでいたころは、
思い立った場所がトイレだった(らしい)。

「入り口」と「出口」を考えると、気づきが生まれます。
「持続可能な循環型社会」のキーワードがここにあります。

|

« ウォーキングコースから | トップページ | (本)粗食は生きること/幕内秀夫(講談社) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (本)自然はめぐる/鶴都留とおトイレ研究班(さつき書房):

« ウォーキングコースから | トップページ | (本)粗食は生きること/幕内秀夫(講談社) »