« (本)食品の裏側/安部司(東洋経済新報社) | トップページ | (本)道楽のススメ/中谷彰宏(TBSブリタニカ) »

(本)気楽なさとり方/宝彩有菜(日本教文社)



「そうなりたい」ではなくて、「もうそうなっているのだ」と心から思ってみましょう。
すると、素晴らしいことが起こります。そのとおりになります。

イエスは「祈ったり願ったりするものは何であれ、『すでにもう得た』と思い込めば、本当に得ることができますよ」と言っています。

・・・そういえば、映画「マトリックス」でもこういうセリフが出てきました。

相手に原因があるのではなく、不幸だと思っている自分がいる。それだけなのだと気づきましょう。すると素晴らしいことが起こります。心は幸福と不幸を超越していきます。

東洋思想でいうところの「さとり」について、キリスト教の「聖書」のことばを紐解きながら、判りやすく解説しています。結局言ってる事は同じなんですね。

|

« (本)食品の裏側/安部司(東洋経済新報社) | トップページ | (本)道楽のススメ/中谷彰宏(TBSブリタニカ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (本)気楽なさとり方/宝彩有菜(日本教文社):

« (本)食品の裏側/安部司(東洋経済新報社) | トップページ | (本)道楽のススメ/中谷彰宏(TBSブリタニカ) »